[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルスの守備崩壊 初歩的ミスで決勝点献上…米ファン辛辣「異次元の恥ずかしさ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回7安打2失点、8奪三振も今季11勝目とはならなかった。降板後の9回、エンゼルスは守備の乱れから勝ち越し点を献上。ランダウンプレーでホームベースを開けてしまうというミスを犯してしまった。米記者も「守備は完全に崩壊。酷すぎる」と指摘した。

大谷翔平の降板後、エンゼルスは守備の乱れから勝ち越し点を献上【写真:ロイター】
大谷翔平の降板後、エンゼルスは守備の乱れから勝ち越し点を献上【写真:ロイター】

大谷降板後の9回にエンゼルスの守備が乱れる

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、本拠地マリナーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発出場。投げては6回7安打2失点、8奪三振も今季11勝目とはならなかった。降板後の9回、エンゼルスは守備の乱れから勝ち越し点を献上。ランダウンプレーでホームベースを開けてしまうというミスを犯してしまった。米記者も「守備は完全に崩壊。酷すぎる」と指摘した。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 基本的なミスを犯してしまった。2-2の同点で迎えた9回1死一、三塁のピンチ。ロドリゲスが放ったライナーを二塁手レンヒーフォが弾く。飛び出した三塁走者を挟み、ランダウンプレーでアウトを狙う。しかし、捕手スタッシが三塁手ロハスに送球した後、本塁カバーに入る野手が誰もいなかった。慌てて数人が走るも間に合わず、三塁走者ハガーティーはヘッドスライディングで得点した。

 初歩的なミスを犯して勝ち越し点を献上。ツイッター上の米記者もあきれ返った。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「エンゼルスの守備は完全に崩壊。酷すぎる」と投稿。米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏も「挟殺プレーに持ち込んだが、本塁に誰もいなかった」と記した。

 米ファンからも「最悪だ」「このチームは存在がジョーク」「俺が見たスタッシのプレーで最も悪いもの」「異次元の恥ずかしさ」「この組織は崩壊している」「内野ゴロで『マリナーズはバカだ』と口にした瞬間、形勢が逆転した」などとコメントが集まっていた。この後さらに失点を重ねたエンゼルスは2-6で敗戦。大谷が試合を作るも勝利を掴めなかった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集