[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希に“先輩”服部道子も衝撃「私より遥かにスケール大きい」 全米女子アマV

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ。服部は自身のインスタグラムで「この時代に凄すぎる」と衝撃を受けた様子。「まずは気をつけて帰って来てください。日本は大フィーバーになっていますので」と喜びを記している。

日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ馬場咲希に偉業Vの“先輩”服部道子も驚き【写真:Getty Images】
日本勢37年ぶりの優勝を掴んだ馬場咲希に偉業Vの“先輩”服部道子も驚き【写真:Getty Images】

馬場は服部以来37年ぶり、日本勢2人目の全米女子アマV

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権最終日が14日(日本時間15日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6541ヤード、パー73)で行われた。馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー決勝でモネ・チュン(カナダ)に11アンド9で勝利。1985年に高2で優勝を飾った服部道子以来、日本勢37年ぶり2人目の優勝を掴んだ。服部は自身のインスタグラムで「この時代に凄すぎる」と衝撃を受けた様子。「まずは気をつけて帰って来てください。日本は大フィーバーになっていますので」と喜びを記している。

【注目】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

“先輩”も驚く強さだった。馬場は前半18ホールで7UPと大きくリード。後半の2、3番で今年のカナダ女子アマを制した21歳チュンにポイントを取り返されるが、4番パー5で冷静にバーディーを奪うと、5番パー4では第2打がグリーンをオーバーするも、第3打で見事なチップイン。7UPに戻した。その後も勢いは止まらず、9番を終えた時点で11UP。9ホールを残して優勝を決め、ガッツポーズを作った。

 日本勢として2人目の快挙。37年前に偉業を成し遂げている服部は自身のインスタグラムを更新し「おーーっっ!! 全米女子アマ圧勝。11アンド9。この時代に凄すぎる」と記して驚いた様子。「優勝おめでとう 勝ち方、半端ない。今年の世界アマ、パリも楽しみーー」「まずは気をつけて帰って来てください。日本は大フィーバーになっていますので」と凱旋を心待ちにしたコメントも記した。

 服部はその後、所属事務所を通じてコメントも発表。「馬場咲希選手、全米女子アマチュア選手権優勝おめでとうございます。決勝では大差をつける圧巻のゴルフでした。私が勝った時はその場にいられるのが楽しくて、思い切りできたのが良かったと思います。でも、彼女は私よりもはるかにスケールが大きい選手。全米女子オープンで初めて見た時から、凄い選手が出てきたなと感じていました。8月に開催される世界女子アマ選手権は彼女も代表メンバーに入っているのでそこでの活躍、そして更なる飛躍を楽しみにしています」と祝福した。

 服部は85年大会で、馬場と同じ高2で優勝。一躍注目のゴルファーになった。服部は高校卒業後、テキサス大に留学。在学中の88年大会でも準決勝に進出している。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集