[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

17歳馬場咲希が全米女子アマ4強! 日本人37年ぶりVあと2勝、スーパーイーグルで相手消沈

女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権第5日が12日(日本時間13日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6526ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー準々決勝でロウレン・レハイ(米国)を4アンド3で破って4強入り。13日(同14日)の準決勝に進出した。同大会では1985年に服部道子が高2で優勝を飾っており、37年ぶりの快挙にあと2勝に迫った。

馬場咲希【写真:Getty Images】
馬場咲希【写真:Getty Images】

全米女子アマ選手権第5日

 女子ゴルフの全米女子アマチュア選手権第5日が12日(日本時間13日)、米ワシントン州のチェンバースベイGC(6526ヤード、パー73)で行われた。17歳の馬場咲希(日本ウェルネス高2年)は、マッチプレー準々決勝でロウレン・レハイ(米国)を4アンド3で破って4強入り。13日(同14日)の準決勝に進出した。同大会では1985年に服部道子が高2で優勝を飾っており、37年ぶりの快挙にあと2勝に迫った。

【特集】夫婦で掴んだ2度のパラリンピック出場 楽しむ柔道から学んだこと / 視覚障がい者柔道・廣瀬順子選手インタビュー(GROWINGへ)

 4アップで迎えた12番パー4(281ヤード)。馬場がミラクルショットを披露した。フェアウェー中央からクラブを振り抜くと、ボールはピン右3.5メートルに落ちて直角に左へ。そして、軽いフックラインを描いてカップへと吸い込まれた。5アップにするスーパーイーグル。馬場は左手で口を押さえながら驚き、レハイはうつむいた。

 この日の馬場は、ショット、パットともに好調。6番パー4から4連続バーディーを決め、一気に4アップとリードした。10番パー4はボギーにして奪われたが、11番パー4は2.5メートルのパーパットを決めて再び4アップに。その流れのまま12番で相手を消沈させる一打を放った。その後、14番パー4は奪われるも、15番パー3で5メートルのパットを決めてパーセーブ。相手がバーディーパットを外して、勝負は決した。

 身長175.3センチでドライバー平均飛距離約270ヤードの馬場は、6月の全米女子オープンで日本人アマ8年ぶりの予選通過を果たし、7月は全米女子ジュニア選手権に出場した。結果はマッチプレー2回戦敗退だったが、ストロークプレーの予選Rは首位通過でメダリストとなった。その後、一時帰国して同月下旬の関東ジュニア選手権(女子15~17歳の部)で優勝。今月4日には再渡米し、「全米アマは大学生も加わるので、よりレベルが高くなると思います。それでも優勝すれば、来年の全米女子オープンと全英女子オープンの出場資格を得られると聞いたので、そこを狙っていきたいと思います」と意気込んでいた。

 今大会は馬場ら日本人4人を含めた156人が出場。4人全員が予選Rを突破したが、昨年のオーガスタ女子アマチュアを制した梶谷翼(たけべの森GC)と長谷川せら(グリーンヒル関GC)は、マッチプレー1回戦で敗退。伊藤二花(麗澤高2年)は2回戦でケセリー・ベネット(オーストラリア)に5アンド4で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集