[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

35歳メーカー営業職で日本代表 カヌーポロに懸けた競技人生、50万円超の遠征費は自腹

カヌーポロを知っていますか? 水上でカヌーに乗って5人対5人でボールをゴールに入れた得点を競うチームスポーツだ。オリンピックで実施されたことはない。アジア大会もない。国体や高校生のインターハイなど国内の総合大会でもやっていない。マイナーなカヌー競技のなかでも、さらにマイナーと言える。

カヌーポロ日本代表の柴田勝之、最年長選手として世界選手権へ挑む【写真:松本行弘】
カヌーポロ日本代表の柴田勝之、最年長選手として世界選手権へ挑む【写真:松本行弘】

カヌーポロ日本代表の柴田勝之、代表最年長として世界選手権へ出場

 カヌーポロを知っていますか? 水上でカヌーに乗って5人対5人でボールをゴールに入れた得点を競うチームスポーツだ。オリンピックで実施されたことはない。アジア大会もない。国体や高校生のインターハイなど国内の総合大会でもやっていない。マイナーなカヌー競技のなかでも、さらにマイナーと言える。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 柴田勝之は高校生で日本代表となり、35歳となったこの夏も代表最年長として世界選手権へ出場する「ミスター・カヌーポロ」と言っていい経歴。失意のなかで出会ったスポーツの魅力に引き込まれ、技術の追求を楽しみ、1人でも多くの人に魅力を伝えたいと競技に打ち込んでいる。

「円安の影響がキツいですね。遠征費は50万円を超えそう」

 世界選手権が開催されるフランスへの出発を前に、柴田は苦笑いした。すべて自腹。8人の男子代表たちは日本カヌー連盟を支援する企業のロゴが入った揃いのユニフォームを自費で購入して大会に参加するが、今回、連盟から遠征費用の補助はない。柴田は愛知県岡崎市の調理器具メーカー「服部工業」で営業職として働き、公休や年休を使って週末の練習、国内遠征、海外遠征を続けている。毎年の活動費は総額で150万円ほどという。感謝しているのは、それを応援し、許してくれる妻や3人の子どもたちに加え、職場の理解だ。

「長期の遠征に行けるのは、急な要件を同僚にカバーしてもらったり、取引先の方にも伝えて協力してもらったりしているから。本当にありがたい。自分も大会中に仕事のメールをチェックして、できるだけ迷惑をかけないようにしています」

 日本選手権の出場は10チームほどで、「競技人口は100人に満たないのでは」。注目度が高いスポーツと違い、日本代表でも競技に集中できるほどの支援はない。

 中学ではバレーボールに打ち込んだ。住んでいた長野県南部の高森町は天竜川が流れる「カヌーのまち」。スポーツに自信のあった柴田が、強く興味をひかれたのはテレビで日本代表の試合を観たバレーだった。入学時になかった男子バレー部を友人たちと作った。顧問が県内で知られた指導者だったこともあり、高い身体能力を生かして中2で長野県選抜入り。強豪の岡谷工高へ進む話もあったというが、親の転勤で中3の3学期に愛知県豊田市へ引っ越し、なくなった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集