[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本に0-3完敗の韓国は「W杯に暗い前途が…」 浮き彫りになった課題に母国紙は悲壮感

サッカー日本代表は27日、豊田スタジアムで行われた東アジアE-1選手権の第3戦で韓国代表に3-0で勝利し、2度目の優勝を果たした。一方で2連勝していたものの、優勝を逃した韓国の母国紙は「韓国は日本の攻撃を後ろに引いて見ている事しかできず」「日本に中盤を支配された」と敗戦を伝えた。

東アジアE-1選手権で対戦した日本と韓国【写真:Getty Images】
東アジアE-1選手権で対戦した日本と韓国【写真:Getty Images】

E-1選手権で森保ジャパンが優勝

 サッカー日本代表は27日、豊田スタジアムで行われた東アジアE-1選手権の第3戦で韓国代表に3-0で勝利し、2度目の優勝を果たした。一方で2連勝していたものの、優勝を逃した韓国の母国紙は「韓国は日本の攻撃を後ろに引いて見ている事しかできず」「日本に中盤を支配された」と敗戦を伝えた。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 0-0で迎えた後半、ゴールをこじ開けたのは日本だった。後半4分にMF相馬勇紀がヘディングで先制点を奪うと、同18分にはDF佐々木翔がセットプレーから頭で合わせて追加点。さらに同27分、FW町野修斗もネットを揺らし、終わってみれば3-0の快勝だった。敗れた韓国からすれば、完敗だった。

 韓国紙「韓国中央日報」は「日本戦の負けはカタールでの韓国の暗い前途を提示した」との見出しで記事を掲載。「韓国は日本の攻撃を後ろに下がって見ている事しかできなかった。前半はボールを保持したものの、後半にそのチームの姿どこにもなく、立て直してきた日本に中盤を支配された」と完敗を伝えた。さらに記事内では、4か月後に迫ったワールドカップ(W杯)カタール大会についてもこのように触れ、悲壮感を漂わせた。

「豊田スタジアムでの韓国の敗戦は、テグ・ウォリアーズのE-1選手権を終わらせただけでなく、2022年カタールW杯での暗い前途の可能性を垣間見させた」「日本への敗戦は、パウロ・ベント監督率いるチームのより深刻な問題を浮き彫りにした。守備だ」

 後半崩壊した守備の問題点を指摘。ベント監督は「韓国が力負けしたことを認めた」といい、試合後のコメントも「困難さは予想していた。伝えるべきことはそんなにないと思う。試合を通して日本は我々より優れていた。彼らは勝利に値する」と伝えていた。

 女子では、最終戦で中国代表を破ったなでしこジャパンが優勝。日本は史上初のE-1アベック優勝を達成した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集