[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の同僚28歳、チームの苦境に嘆き「非常に厳しい」「今の順位はクレイジーだ」

米大リーグ・エンゼルスは14日(日本時間15日)のアストロズ戦に2-3で敗れ、借金は今季ワーストタイの12となった。開幕後は好調で、一時は貯金11としたものの、6月に球団ワーストの14連敗を喫するなど現在は地区4位に低迷。今季売り出し中のテーラー・ウォード外野手も「非常に厳しい状況」とチーム状況を嘆いている。

エンゼルスのテーラー・ウォード【写真:ロイター】
エンゼルスのテーラー・ウォード【写真:ロイター】

打線を牽引してきたウォードが現状にコメント

 米大リーグ・エンゼルスは14日(日本時間15日)のアストロズ戦に2-3で敗れ、借金は今季ワーストタイの12となった。開幕後は好調で、一時は貯金11としたものの、6月に球団ワーストの14連敗を喫するなど現在は地区4位に低迷。今季売り出し中のテーラー・ウォード外野手も「非常に厳しい状況」とチーム状況を嘆いている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 エンゼルスは直近14試合で3勝11敗だが、3勝は全て大谷翔平投手が勝利投手になっている。開幕直後は好調だったが、投打にかみ合わない試合が増え、現在は39勝51敗。首位アストロズとは20ゲーム差も離されてしまった。

 延長戦の末に敗れた14日のアストロズ戦後、今季は打撃でチームに貢献してきたウォードが苦しいチーム状況を語ったようだ。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は、自身のツイッターでウォードの言葉をこう伝えている。

「非常に厳しい状況だ。開幕直後1か月半(の好調)を考えれば、いまの順位にいることはクレイジーだ。でも試合が続く限り、何が起きるかはまだ分からない」

 開幕直後から打線を牽引してきた28歳のウォード。プレーオフ進出へ厳しい状況となってきたチーム状況を嘆きつつも、前を向いていたようだ。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集