[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフのキャディーが熱中症疑いで急遽交代 ささきしょうこ「命に関わる事なので」

国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第3日が2日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。最高気温は3日間の中で最も低い32.9度だったが、連日の暑さで選手、キャディーの疲労は蓄積。ささきしょうこ(日本触媒)の帯同男性キャディーが、この日未明から体調の異変を感じ、バッグが担げない状況になった。ささきは、代わりに女性のハウスキャディーとラウンドした。「自分がしっかりしなければ」と気持ちを強くし、4バーディー、ボギーなしの68で通算9アンダーとし、11位から首位に2打差の4位に浮上した。

資生堂レディス、首位に2打差の4位に浮上したささきしょうこ【写真:Getty Images】
資生堂レディス、首位に2打差の4位に浮上したささきしょうこ【写真:Getty Images】

資生堂レディス第3日

 国内女子ゴルフツアーの資生堂レディス第3日が2日、神奈川・戸塚CC(6570ヤード、パー72)で行われた。最高気温は3日間の中で最も低い32.9度だったが、連日の暑さで選手、キャディーの疲労は蓄積。ささきしょうこ(日本触媒)の帯同男性キャディーが、この日未明から体調の異変を感じ、バッグが担げない状況になった。ささきは、代わりに女性のハウスキャディーとラウンドした。「自分がしっかりしなければ」と気持ちを強くし、4バーディー、ボギーなしの68で通算9アンダーとし、11位から首位に2打差の4位に浮上した。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 ささきはホールアウト後、「今日は朝からバタバタでした」と言った。理由はキャディーの交代だった。

「朝3時過ぎぐらいに1度電話が入って、それは寝ていて気付きませんでしたが、朝に(帯同キャディーと)連絡が取れました。聞いてみると、昨日の暑さで熱が体に残っていたんでしょうね。どう聞いても熱中症の症状でした。これは命に関わることなので、『休んでください』と伝えました。そして、JLPGAさんにお願いして、急きょ、ハウス(キャディー)さんでプレーすることになりました」

 突然のことで不安もあったというが、コースを知り尽くした女性キャディーが、暑さ対策も踏まえて好サポート。迷ったラインも的確に読んでくれたといい、ささきは「特に前半の2バーディーはキャディーさんのおかげで獲れました」と感謝した。

 自身でも「こういう時はしっかりしなければ。トラブル(ショット)はいけない。慎重に」と言い聞かせ、フェアウエーをキープ。ピンチの場面もなく、ボギーなしで乗り切った。

 幸い帯同の男性キャディーは体調が回復し、最終日にバッグを担ぐ可能性もあるという。それでも心配は残るが、自分のプレーに集中。前週、首位スタートながら優勝を逃したアース・モンダミンカップの悔しさも糧に、4年ぶりのツアー4勝目を目指す。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集