[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、特大弾→敬遠に大ブーイング 敵地解説者「この男のスイング見たいから…」

大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回に自己キャリアで4番目となる飛距離141メートルの特大16号を放った。続く5回1死二塁の場面では申告敬遠となると、エンゼルスタジアムの観衆は大ブーイング。敵地中継局の解説者も反応した。

3回に同点16号を放ち、ポーズを取るエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
3回に同点16号を放ち、ポーズを取るエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

16号本塁打直後の第3打席は申告敬遠

 大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が25日(日本時間26日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で先発出場。3回に自己キャリアで4番目となる飛距離141メートルの特大16号を放った。続く5回1死二塁の場面では申告敬遠となると、エンゼルスタジアムの観衆は大ブーイング。敵地中継局の解説者も反応した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 飛距離462フィート(約140.7メートル)、打球速度117.2マイル(約189.9キロ)という衝撃の特大弾で観衆を熱狂させた大谷。1点リードの5回1死走者なしで、2番のトラウトが強烈な二塁打を放つと、得点圏で第3打席が回ってきた。しかし、スタジアムのボルテージが一気に上がる中でマリナーズは申告敬遠を選択。勝負を避けたバッテリーに対し、大きなブーイングを浴びせかけた。

 敵地シアトルの中継局「ROOTスポーツ」で解説を務めるデイブ・シムズ氏は、この場面で「オオタニはたくさんのファンのお気に入りですね」と熱烈な地元ファンの反応に触れた。「この男のスイングが見たいから金を払っているんだよー! というところでしょうが、スコット・サービス監督は『今回はノーで』と言いましたね」と話していた。

 申告敬遠で走者を2人溜めたエンゼルスだったが、その後2者連続三振を喫し、好機をものにすることはできず。その後逆転を許し、3-5で敗北。2連敗となった。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集