[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、MLB史に刻まれた伝説の2日間に同僚は驚嘆「あの活躍は信じられなかった」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)の本拠地ロイヤルズ戦で3安打2本塁打、キャリアハイの8打点をマーク。翌日の同戦では投手としてマウンドに上がり、メジャー自己最多の13奪三振を記録するなど8回2安打無失点で、6勝目を挙げた。歴史的な2日間を同僚選手はどう見たのか。1番打者として打線を牽引するテーラー・ウォード外野手は「あの2日連続の活躍は信じられなかった」と振り返っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
エンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

テーラー・ウォードがインタビューでロイヤルズ戦を振り返る

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は21日(日本時間22日)の本拠地ロイヤルズ戦で3安打2本塁打、キャリアハイの8打点をマーク。翌日の同戦では投手としてマウンドに上がり、メジャー自己最多の13奪三振を記録するなど8回2安打無失点で、6勝目を挙げた。歴史的な2日間を同僚選手はどう見たのか。1番打者として打線を牽引するテーラー・ウォード外野手は「あの2日連続の活躍は信じられなかった」と振り返っている。

【注目】“応援”が背中を押す 女子バスケ・髙田真希が感じた『チアスタ!』がつなぐ思い

 二刀流の真骨頂を見せつけた2日間だった。延長戦を戦いキャリアハイの8打点を叩き出した翌日、先発マウンドに上がって8回無失点13奪三振。ロイヤルズの地元紙「カンザスシティ・スター」がシリーズ終了後に「オオタニをしばらく見ずに済む」と記事につづったほどの異次元の活躍を見せた。同僚選手のウォードは、米ロサンゼルスの放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」のインタビューに登場し、大谷の歴史的2日間を振り返っている。

 インタビューの冒頭で女性レポーターのエリカ・ウェストンさんが「今週末のマリナーズ戦の話を聞く前に、この前の2試合でショウヘイが見せた大活躍について聞かせて」と質問。今季1番打者として打率.309、11本塁打、29打点と大谷やトラウトとともに打線を牽引するウォードは落ち着いた口調でこう答えている。

「彼には感銘を受け続けている。インクレディブルだ。同じチームの一員でいられることが嬉しいし、あの2日連続の活躍は信じられなかった。見ていてアメージングだった」

 MLB公式サイトによると、打点が公式記録となった1920年以降、8打点をマークした翌日に2ケタ奪三振を記録したのはメジャー初だったという。過去102年で例のない快挙に同僚選手も驚きを隠せない様子だった。

 なお、大谷は24日(同25日)のマリナーズ戦には「3番・DH」で出場。1安打1打点でチームは3-4で敗れている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集