[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平にノーノー阻止された敵地メディアは落胆「なんて残念」「なぜ歩かせない?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ドジャース戦に「3番・DH」で先発出場。相手先発タイラー・アンダーソン投手に9回1死までノーヒットノーランを継続されていたが、第4打席で右翼線三塁打を放ち、大記録を阻止した。快挙達成を期待していた米国のドジャース番記者たちはガックリ。「なんでオオタニを歩かせないの?」などと反応している。

9回に右翼線へ三塁打を放った後、ベンチで迎えられるエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
9回に右翼線へ三塁打を放った後、ベンチで迎えられるエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

ドジャース戦、9回に三塁打を放ちノーヒットノーランを阻止

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地ドジャース戦に「3番・DH」で先発出場。相手先発タイラー・アンダーソン投手に9回1死までノーヒットノーランを継続されていたが、第4打席で右翼線三塁打を放ち、大記録を阻止した。快挙達成を期待していた米国のドジャース番記者たちはガックリ。「なんでオオタニを歩かせないの?」などと反応している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ロサンゼルス対決で、大谷が最後の最後に意地を見せた。エンゼルスはアンダーソンに8回まで四死球2つとエラー1つで無安打に抑え込まれ、最終回も先頭のトラウトが三振。あと2人となったところで打席に立った大谷は、高めに入ったボールを右翼線にはじき返した。右翼手ムーキー・ベッツが打球に飛び込むも及ばず。三塁打となり、大記録を阻止した。

 この日の123球目を打たれたアンダーソン。ここで降板となり、観客席からは拍手が送られた。ドジャースの試合を中継する米カリフォルニア州地元局「スポーツネットLA」公式ツイッターは、実況ジョー・デイビス氏のコメントを動画で紹介。「ショウヘイ・オオタニが1死からの三塁打でタイラー・アンダーソンのノーヒッターを破りました。彼にとってなんて残念なんでしょうか」と落胆気味に語っていた。

 米カリフォルニア州地元局「CBSロサンゼルス」のレポーターのジル・ペインター・ロペス氏もツイッターでガックリ。「トラウトを三振に斬った後、なんでオオタニを歩かせないの?!」と嘆いていた。またMLB公式サイトのドジャース番フアン・トリビオ記者も「ムーキー・ベッツはできることをすべてやったがショウヘイ・オオタニがタイラー・アンダーソンのノーヒッターを9回1死で破った」とツイート。ダイビングを試みたベッツの守備にも注目していた。

 試合はエンゼルスが1点を返すも、1-4で敗戦。大谷はこの試合4打数1安打1得点2三振。明日16日(同17日)の敵地マリナーズ戦では、投手として先発予定となっている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集