[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3位躍進の20歳・樫原沙紀が咲かせた満面スマイル「虫垂炎を言い訳にしてはダメ」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子800メートル決勝では、20歳の樫原沙紀(筑波大)が2分06秒37の3位に食い込む健闘。5月末に虫垂炎を患ったが、1500メートル決勝最下位から躍進した。

フィニッシュ直後に3位で笑顔を咲かせた20歳・樫原沙紀【写真:奥井隆史】
フィニッシュ直後に3位で笑顔を咲かせた20歳・樫原沙紀【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権最終日が12日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。女子800メートル決勝では、20歳の樫原沙紀(筑波大)が2分06秒37の3位に食い込む健闘。5月末に虫垂炎を患ったが、1500メートル決勝最下位から躍進した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 フィニッシュ直後、大阪のトラックに笑顔が咲いた。最後にデッドヒートを繰り広げ、優勝した塩見綾乃と2位の田中希実。2人に食らいつくように駆け抜けたのが樫原だった。1周目は最後方につけ、残り1周で猛追。「レースプランを考えられるほど速くない」。がむしゃらに走り、「結果が出たのは嬉しい。ここまで上に来られるとは思っていなかったので、『おおーっ!』って感じです」と笑った。

 広島出身の20歳。主戦場の1500メートルでも10日に決勝を戦ったが、4分21秒37で12人中12位に終わった。「1500メートルのまま日本選手権を終わっていたらメンタルに来ていた。3番なのでポジティブな気持ちで戻れる」と安堵。5月20日の関東インカレを大会新で制した直後、虫垂炎を患った。1週間ほど練習できなかったが、“怪我の功名”になったようだ。

「虫垂炎があって逆に疲れが抜けたのかなって。関カレが終わって3回くらい強いポイント練習を入れた。練習がうまくできていなかったけど、終わってみたら気にするほどのことじゃなかったですね。走っていない分、不安はあったけど、これを言い訳にしてはいけない」

 1500メートルで上に行くために、800メートルでスピードを、5000メートルでスタミナを強化したいところだ。筑波大には800メートルでも有力選手がいるため、今後は他の2種目で大会出場を続ける方針。「800、5000もトップになる選手にならないと、世界と戦えない。1500メートルで4分10秒を切って、田中さん、卜部蘭さん、後藤夢さんと勝負して、誰が勝つかわからなくなるくらい成長していきたい」と力を込めた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集