[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳・壹岐あいこ「あと1本」 200m組1着で決勝へ「自分の良さが出るレースを」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。東京五輪4×100メートルリレー補欠の21歳・壹岐あいこ(立命大4年)は、200メートル予選を24秒28(追い風0.1メートル)の組1着で通過。12日の決勝に進出した。

日本選手権、200メートル組1着で決勝進出した壹岐あいこ【写真:奥井隆史】
日本選手権、200メートル組1着で決勝進出した壹岐あいこ【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権第3日が11日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。東京五輪4×100メートルリレー補欠の21歳・壹岐あいこ(立命大4年)は、200メートル予選を24秒28(追い風0.1メートル)の組1着で通過。12日の決勝に進出した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 壹岐は1着で決勝を決めた。息を切らしながら取材対応。「走ってみると、疲労を感じて思うように動かなくて焦りがあった」としつつ、「前半は思い描いていたレース展開。めちゃくちゃ人がいるのはわからなかった。自分の走りはできたと思います」と振り返った。

 2020年は関西インカレ200メートルで優勝し、100メートルでは日本インカレ2位に入った実績を持つ。昨年の日本選手権は100メートルで2位、200メートルは4位。今季は昨年優勝した5月1日の静岡国際で自己ベスト23秒62をマークした。5月26日の関西インカレは100メートルを11秒95(向かい風1.1メートル)で初優勝。4×100メートルリレーでも優勝に貢献し、2冠に輝いた。

 今大会は世界陸上のリレー代表を狙っていた中、10日の100メートル決勝は11秒60(追い風0.6メートル)で6位。昨夏から抱える右膝痛もある中、200メートル決勝が今大会4本目だ。「あと1本。自分の良さが出るレースを」と上位を狙う。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集