[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、敵軍ベンチまで気遣う咄嗟の行動に米称賛「ボストンもショウヘイが大好き」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、相手ベンチを気遣った咄嗟の行動が話題になっている。リアル二刀流で出場した9日(日本時間10日)、本拠地レッドソックス戦。打っては決勝12号2ランを放ち、投げても7回4安打1失点の力投で今季4勝目を挙げた。注目されたのが、登板中に相手ベンチを襲ったファウルに“注意喚起”する気遣い。このシーンに「なんて礼儀正しい」「良い人すぎる」などの称賛が集まっている。

日本時間11日のメッツ戦に出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
日本時間11日のメッツ戦に出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

登板時に相手ベンチ方向に飛んだファウル球を“注意喚起”

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、相手ベンチを気遣った咄嗟の行動が話題になっている。リアル二刀流で出場した9日(日本時間10日)、本拠地レッドソックス戦。打っては決勝12号2ランを放ち、投げても7回4安打1失点の力投で今季4勝目を挙げた。注目されたのが、登板中に相手ベンチを襲ったファウルに“注意喚起”する気遣い。このシーンに「なんて礼儀正しい」「良い人すぎる」などの称賛が集まっている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 この日の最後の打者との対戦だった。7回2死走者なしでジョナサン・アラウスを迎えた大谷。内角低めに85マイル(約136キロ)を投じると、鋭い打球のファウルが一塁側の敵軍ベンチ方向に飛んだ。すると、大きな声を出して、一塁ベンチへ“注意喚起”。敵軍に気遣いを見せた。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏がこのシーンに脚光を浴びせた。自身のツイッターに「レッドソックスベンチにファウルが飛んで、大声を出して警告するショウヘイ」とつづって、実際の映像を公開。米ファンからは「みんなが怪我なく野球を楽しむことを考えている」「ボストンのみんなもショウヘイが大好き」「彼はなんて礼儀正しいんだ」「ショウヘイはクール」「地球上でショウヘイが1番好きだ」などのコメントが寄せられた。

 大谷はこの後アラウスを空振り三振に打ち取り、降板。7回4安打1失点の好投でチームの14連敗をストップさせ、4勝目を手にした。10日(同11日)のメッツ戦では「2番・DH」で出場。4打数1安打で7試合連続安打を記録するもチームは3-7で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集