[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桐生祥秀、組4着で「恥ずかしい」薄氷決勝 他組を待つ間は「上回らないでくれと…」

7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、2組に登場した前年王者の多田修平(住友電工)が10秒41、前年2位のデーデー・ブルーノ(セイコー)が10秒25(無風)でまさかの敗退となった。3組に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒04(追い風0.8メートル)で全体1位。世界陸上参加標準を突破した。

準決勝2組を走る桐生義秀【写真:奥井隆史】
準決勝2組を走る桐生義秀【写真:奥井隆史】

陸上・日本選手権が開幕

 7月のオレゴン世界陸上の代表選考会を兼ねた陸上・トラック&フィールド種目の日本選手権が9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で開幕した。男子100メートル準決勝では、2組に登場した前年王者の多田修平(住友電工)が10秒41、前年2位のデーデー・ブルーノ(セイコー)が10秒25(無風)でまさかの敗退となった。3組に登場したサニブラウン・ハキーム(タンブルウィードTC)は10秒04(追い風0.8メートル)で全体1位。世界陸上参加標準を突破した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 2組に登場した多田は得意のスタートから伸びを欠き、10秒41(無風)で組5着となった。10秒25で3着だったデーデーとともに準決敗退となった。準決勝1組に登場した桐生祥秀は爆発力を欠き、10秒24(追い風0.5メートル)で組4着。タイムで拾われ、ヒヤヒヤの決勝進出となった。10秒13で組1着となった小池祐貴、3組で10秒04で組1着となったサニブラウンは順当に駒を進めた。

 桐生は「準決勝をギリギリで通って、こういう気分になるとは思っていなかった。恥ずかしいけど、ホッとしています」と安堵。「結果を待っている時は『上回らないでくれ』と思っていた。そういう思考になってしまったことを反省しないといけない。今日は自分のダメな部分が気持ちに出た」と振り返った。

 自己ベスト9秒98の桐生は、4月の出雲陸上決勝で右太腿裏に違和感を覚えた。同月の織田記念国際、5月のセイコー・ゴールデングランプリは出場回避。回復に専念し、今大会は約1か月半ぶりのレースだった。「(怪我の)怖さはない。自分が走れていない」とし、こう続けた。

「予選もですが、試合勘が取り戻せていない。予選もダラダラしていて、もうちょっと行っていると思っていたけど、感覚が違った。モタモタしている部分があって、本来なら4~50メートルでトップスピードが上がるけど、上がってこなかった。一晩で何が違うか考えたい」

 予選はサニブラウンが今季日本勢最高の10秒11(無風)、小池が10秒24(向かい風0.8メートル)、桐生が10秒29(追い風0.8メートル)、多田が10秒32(向かい風0.2メートル)だった。日本記録保持者の山縣亮太(セイコー)は、昨年10月に右膝手術を受けた影響で出場回避。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)も4月に交通事故に巻き込まれた影響で欠場した。

 この種目で大会前までに参加標準を切っていた選手はいなかった。桐生は世陸内定とともに2年ぶり3度目の優勝が懸かっている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集