[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥VSドネア戦の前座で体重超過 弟・拓真の相手が+600g、2時間以内に再計量へ

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。6日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が実施され、前座のWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王者で井上の弟・拓真(大橋)は55.3キロでパスしたが、相手の日本同級王者・古橋岳也(川崎新田)は55.9キロで0.6キロの体重超過を犯した。

600gの体重超過となった古橋岳也【写真:浜田洋平】
600gの体重超過となった古橋岳也【写真:浜田洋平】

井上尚弥VSドネアが前日計量

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級(53.5キロ以下)統一王者・井上尚弥(大橋)が、7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。6日は神奈川・横浜市内のホテルで前日計量が実施され、前座のWBOアジアパシフィック・スーパーバンタム級(55.3キロ以下)王者で井上の弟・拓真(大橋)は55.3キロでパスしたが、相手の日本同級王者・古橋岳也(川崎新田)は55.9キロで0.6キロの体重超過を犯した。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 古橋はパンツ一枚で計量台に乗ったが、なかなかクリアが発表されず。先にパスした拓真が水分を摂りながら見つめる中、600グラムオーバーを告げられると、「はい」と返答。見守った拓真陣営の大橋秀行会長に深々と頭を下げた。古橋には2時間の猶予が与えられ、この間は何度でも再計量できる。メインイベントの尚弥は53.5キロ、ドネアが53.4キロでクリアした。

 試合はAmazon プライム・ビデオにて「Prime Video presents Live Boxing」の第2弾として独占ライブ配信される。日本のプライム会員は追加料金なしで視聴可能。第1弾では、4月9日のWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)とIBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の王座統一戦が独占生配信され、大きな反響を集めた。拓真―古橋戦も配信される予定となっている。

 その他の前座では、WBOアジアパシフィック&日本スーパーライト級(63.5キロ以下)タイトルマッチで対戦する平岡アンディ(大橋)と赤岩俊(マナベ)が、ともにリミット63.5キロでパスした。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集