[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は被弾するのか 28歳ドネア“伝説の一撃”に米再熱狂「これ以上の左はない」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。ドネアの代名詞は強打の左フック。伝説へと押し上げたかつての瞬殺劇の動画を米興行大手・トップランク社が公開すると、米ファンは「これ以上の左はない」と再び熱狂している。

2011年2月19日、フェルナンド・モンティエルにTKO勝ちしたノニト・ドネア【写真:Getty Images】
2011年2月19日、フェルナンド・モンティエルにTKO勝ちしたノニト・ドネア【写真:Getty Images】

ドネアの放った一撃が復刻

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(大橋)が、6月7日にさいたまスーパーアリーナでWBC同級王者ノニト・ドネア(フィリピン)と3団体王座統一戦(Amazon プライム・ビデオで独占生配信)を行う。ドネアの代名詞は強打の左フック。伝説へと押し上げたかつての瞬殺劇の動画を米興行大手・トップランク社が公開すると、米ファンは「これ以上の左はない」と再び熱狂している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 この一撃が数々の敵を葬ってきた。2011年2月19日に米ラスベガスでWBC&WBO世界バンタム級統一王者フェルナンド・モンティエル(メキシコ)に挑戦。2回、相手が右フックを出した瞬間だ。ドネアは確かにパンチを受けたが、同時に自慢の左フックを打ち返した。カウンターは破壊音を響かせながら王者のテンプルに突き刺さり、相手は力が抜けたようにダウン。再開後にドネアがラッシュをかけ、2回2分25秒TKO勝ちで3階級制覇を達成した。

 当時28歳のドネアが一気にベルト2つを奪い取った一戦。海外メディアの「KOオブ・ザ・イヤー」にも輝いた。トップランク社はツイッターに動画を公開し、「ノニト・ドネアがスピード全開」と投稿。復刻した失神KOは、米ファンを「とんでもない左フックだ」「これ以上の左はない」「レジェンドだ」「Wowとしか言えない」「イノウエVSドネアは個人的に今年一番ワクワクする試合」「美しいカウンターだ」と再び興奮させた。

 2019年11月の第1戦では、井上も2ラウンド目に被弾した左フック。再び受けるわけにはいかないはずだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集