[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

エンゼルス右腕、夜も眠れなかった“脱走事件”解決に安堵「息子を取り戻した気分だ」

米大リーグ・エンゼルスに所属するアーチー・ブラッドリー投手の“心配事”が解決された。愛犬・クラッシュが自宅の裏庭から脱走。自身のツイッターで情報提供を呼び掛けていたが、無事に発見された。ブラッドリーは「息子を取り戻したような気分」と語っている。

エンゼルスのアーチー・ブラッドリー【写真:Getty Images】
エンゼルスのアーチー・ブラッドリー【写真:Getty Images】

アーチー・ブラッドリーの愛犬・クラッシュが裏庭から脱走していた

 米大リーグ・エンゼルスに所属するアーチー・ブラッドリー投手の“心配事”が解決された。愛犬・クラッシュが自宅の裏庭から脱走。自身のツイッターで情報提供を呼び掛けていたが、無事に発見された。ブラッドリーは「息子を取り戻したような気分」と語っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 ブラッドリーは21日(日本時間22日)にツイッターを更新。愛犬クラッシュが裏庭から脱走したことを報告した。愛犬の色や地域などを伝え、情報提供を呼び掛けるとファンからは「本当に見つかると良いね」「アーチーを助けよう」などと前向きな声が寄せられていた。

 事態はすぐに解決。翌日にツイッターを更新したブラッドリーは「クラッシュが帰ってきました! 情報を提供してくれた皆さん、前向きな気持ちにさせてくれた友達よ、ありがとう! ニューポートビーチ動物保護施設の方々には特に感謝しています」とつづり、クラッシュの“帰宅”を報告。笑顔で愛犬との2ショットを公開し、喜びを共有した。

 この投稿にファンも安堵。「私が求めていた投稿」「良かったね」「安心しました」「嬉しいこと聞けて良かった」「素晴らしいニュース」「クラッシュが見つかった」「最近で1番良いニュース」などと温かい声が寄せられた。エンゼルスの主砲で同じく愛犬家として知られるマイク・トラウト外野手も「また逃がしちゃったのかよ」とコメントしていた。

 MLB公式サイトでもこのニュースは取り上げられた。ブラッドリーは「眠れない夜だった。でももう大丈夫。息子を取り戻したような気分」と語っている。記事によると、クラッシュの発見者が動物保護施設に連絡し、無事ブラッドリーの元に戻ってきたという。ブラッドリーは今季8試合に登板。4月30日(同5月1日)に左脇腹の張りで負傷者リスト入りしていたが、今月23日(同24日)に復帰している。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集