[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也、二塁打の直前に目撃されていた“さりげない善行” 米注目「良い報いに」

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は23日(日本時間24日)、敵地レッズ戦に「3番・右翼」で先発。4回の第2打席に左中間フェンス直撃の二塁打を放った。地元メディアは鈴木がこの直前にしていた“善行”に注目。「良い報いとなった」と称賛している。

4回に得点し、ベンチでハイタッチを交わす鈴木誠也【写真:ロイター】
4回に得点し、ベンチでハイタッチを交わす鈴木誠也【写真:ロイター】

レッズ戦に「3番・右翼」で先発出場

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手は23日(日本時間24日)、敵地レッズ戦に「3番・右翼」で先発。4回の第2打席に左中間フェンス直撃の二塁打を放った。地元メディアは鈴木がこの直前にしていた“善行”に注目。「良い報いとなった」と称賛している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 鈴木には当たり前の行動だったかもしれない。4回先頭の第2打席で、ホームベースに顔を近づけた。すると、右手でプレートの上にあった砂をササっと払いのけた。ベースをより綺麗にした後、カウント3-1からの5球目をとらえて左中間フェンスに直撃する二塁打とした。

 日本人ルーキーが口火を切ったカブス打線は繋がり、打者7人の猛攻でこの回4点を先制した。鈴木が打席で見せたさりげない“善行”に地元メディアも注目。米地元放送局「マーキー・スポーツ・ネットワーク」公式ツイッターは実際の映像を公開して、文面に「これが良い報いとなった。本塁を綺麗にしたセイヤは打球速度110.1マイル(約177キロ)の二塁打を放つ」と記した。

 また、カブス専門メディア「ブリーチャー・ネーション」のマイケル・セラミ記者も自身のツイッターで「セイヤ・スズキはいつもプレートを綺麗にしている」とつづり、同じシーンに脚光を浴びせた。

 鈴木はこれまでにもネクストバッターズサークルでスプレーを整理整頓する姿が中継映像で抜かれるなど、愛されるキャラクターとともに礼儀正しさも米国で話題になったことがある。この試合は3打数1安打2四球で2得点。盗塁1つも記録する活躍で、チームの7-4の勝利に貢献。カブスは2連勝となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集