[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ベラトール渡辺華奈、2位猛者も“降参”した鮮やか一本に日米称賛「世界レベルだ」

米総合格闘技団体「ベラトール」は13日(日本時間14日)、英ロンドンで「BELLATOR 281」を開催し、女子フライ級3位の渡辺華奈(FIGHTER'S FLOW)が同級2位のデニス・キールホルツ(オランダ)に1本勝ちを収めた。11か月ぶりの再起戦で鮮やかなトライアングルチョークを決めた渡辺に、日米ファンから「芸術性ある勝利」「やっぱり世界レベルに強い」と称賛されている。

渡辺華奈(写真は2019年)【写真:Getty Images】
渡辺華奈(写真は2019年)【写真:Getty Images】

11か月ぶり復帰戦で2位選手に勝利

 米総合格闘技団体「ベラトール」は13日(日本時間14日)、英ロンドンで「BELLATOR 281」を開催し、女子フライ級3位の渡辺華奈(FIGHTER’S FLOW)が同級2位のデニス・キールホルツ(オランダ)に1本勝ちを収めた。11か月ぶりの再起戦で鮮やかなトライアングルチョークを決めた渡辺に、日米ファンから「芸術性ある勝利」「やっぱり世界レベルに強い」と称賛されている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 華麗に再起を果たした。2ラウンド残り2分25秒、強者キールホルツにマウントを取られそうになると、渡辺が下から三角締めを仕掛けた。立ち上がって逃れようとする相手に、脚を深く絡めて締め上げていく。これにはキールホルツもたまらずタップで“降参”。渡辺は「うわあ゛ー」と言葉にならない咆哮とともに、両手を挙げながら歓喜。陣営も感極まった表情で勝利を称えた。

 ベラトール公式ツイッターが実際の動画を公開。文面には「kana」と記した。一本勝ちに米ファンからは「最高のカムバック」「芸術性ある勝利」「美しい」「見ていて楽しかった」と称賛が寄せられたほか、日本人ファンからも「やっぱり世界レベルに強い」「日本の誇り!」「2位に一本勝ち!」「久しぶりに朝起きていいニュースが見れた気がする」「まじ強い!」「下から三角は総合の浪漫」と反響を集めていた。

 33歳の渡辺は、柔道をバックボーンに持つ格闘家。19年12月にベラトール初参戦で現在までに3戦2勝1敗。昨年6月にリズ・カムーシュにKO負けし、プロ初黒星を喫していた。復活劇は日米で注目を浴びていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集