[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、登板で目撃された「礼儀正しい」一瞬の仕草 米反響「彼にプレーさせて!」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地レイズ戦に「3番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発。6回1失点と力投したが、勝ち負けはつかず、4勝目はお預けとなった。最後の打者から三振を奪った大谷だが、その直前に続投意思を示したポーズが話題に。米ファンからは「彼にプレーさせて!」と反響を集めていた。

レイズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】
レイズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:ロイター】

6回2死でベンチに「そこにいてくれ」ポーズ

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地レイズ戦に「3番・投手兼DH」のリアル二刀流で先発。6回1失点と力投したが、勝ち負けはつかず、4勝目はお預けとなった。最後の打者から三振を奪った大谷だが、その直前に続投意思を示したポーズが話題に。米ファンからは「彼にプレーさせて!」と反響を集めていた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 気持ちを感じさせる瞬間だった。5回まで1失点に抑える力投を見せていた大谷。6回、先頭を遊飛に打ち取ると、疲労を心配したのか投球コーチと水原一平通訳らがマウンドへ出向いた。次の崔志萬から三振を奪うとベンチが動きかけた。しかし、大谷はそれを表情を崩さず、右手の手のひらで制した。これにはコーチも苦笑い。“続投意思”を示すと、続くランディー・アロサレーナを3球三振に仕留めた。

 20連戦最後の試合で92球を投じた大谷。実際の映像を「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米投球分析家ロブ・フリードマン氏が公開し、文面には「ショウヘイ・オオタニ『いや、そこにいてくれ』。礼儀正しく」と記した。気持ちを前面に出しながらも敬意を忘れない姿に、米ファンからは「オオタニ、あなた最高よ」「彼にプレーさせて!」「人間界の神だ」「敬意を持ってね」とコメントが寄せられていた。

 2者連続三振で登板を締めくくった大谷は、6回2安打1失点5奪三振の力投。4勝目こそならなかったが、精神的な強さが米ファンからも称賛を集めていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集