[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、奪三振ペースは球団記録! 米メディア拍手「彼はキャリア7戦で達成した」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)をマーク。前回の登板で10Kを記録した大谷は、この日の9つの三振で今季の奪三振数が52となり、米メディアによるとデビューから7試合での50奪三振到達は球団史上最速記録となった。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

20日レイズ戦で9奪三振、デビュー7試合で50奪三振は球団史上最速記録

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)をマーク。前回の登板で10Kを記録した大谷は、この日の9つの三振で今季の奪三振数が52となり、米メディアによるとデビューから7試合で50K到達は球団史上最速記録となった。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 この日も大谷は三振の山を築いた。初回1死でクロンから空振り三振を奪い、ここから奪三振ショーがスタート。2回以降も毎回三振を重ねた。5回には先頭のスミスをストレート2球で追い込むと、3球目に90.3マイル(145キロ)の“急降下スプリット”でバットに空を切らせた。これが今季50個目の奪三振となった。

 米スポーツ専門局「ESPN Stats & Info」のツイッターでは「彼はキャリア7登板目で達成した。エンゼルスの球団史上、通算50奪三振に到達する最短の登板数だ」と紹介している。

 大谷はこれで7試合の登板で4勝1敗。防御率も3.35としたが、奪三振率の高さも際立っている。投球回は40回1/3で、奪三振52。奪三振率は驚異の「11.6」を誇っている。

 登板試合は6勝1敗で勝率.857。22日(日本時間23日)からのブルージェイズ戦で、今度は野手として出場予定。投打でまさに快進撃を続けている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集