[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

グラブが吹っ飛んでも動じない、クールすぎる素手キャッチに米拍手 「いい集中だ」

米国の大学野球での珍スーパープレーが全米で話題を呼んでいる。飛球を一塁手が捕球体勢に入ったところで、打者走者にグラブを吹き飛ばされるアクシデントが発生。しかし動じず素手でのキャッチに成功。このシーンを米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」が公式インスタグラムで公開すると、1日で再生回数が150万回を突破するなど大反響を集めている。

クールな素手キャッチを「スポーツセンター」が公開(画像はサイトのスクリーンショット)
クールな素手キャッチを「スポーツセンター」が公開(画像はサイトのスクリーンショット)

米メディアが大学野球の珍スーパープレーを公開、再生150万回突破の大反響

 米国の大学野球での珍スーパープレーが全米で話題を呼んでいる。飛球を一塁手が捕球体勢に入ったところで、打者走者にグラブを吹き飛ばされるアクシデントが発生。しかし動じず素手でのキャッチに成功。このシーンを米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」が公式インスタグラムで公開すると、1日で再生回数が150万回を突破するなど大反響を集めている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 何が起きても動じない。クールな素手キャッチだった。5月18日のスタンフォード大とワシントン州立大の一戦での出来事だ。スタンフォード大の2年生アンドリュー・ダッシュバック一塁手が一躍、主役になった。

 4回表、1-0でスタンフォード大がリードした場面で、ワシントン州立大のロバート・ティールが放った打球が、内野の一塁線上に高く舞い上がった。捕球体勢に入るダッシュバック。しかし次の瞬間だった。

 走り出した打者のティールと交錯。左手にはめたグラブが吹き飛ばされたのだ。平凡なフライが一転して大ピンチに。それでもダッシュバックはクールだった。何事もなかったかのように、両手で包み込むようにキャッチしたのだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集