[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大谷翔平、90マイルの“急降下スプリット”に米驚愕 「オオタニはスーパーヒーロー」

大谷翔平、90マイルの“急降下スプリット”に米驚愕 「オオタニはスーパーヒーロー」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)を挙げた。今季最多110球の熱投でチームの連敗を5で止めた。MLBは公式ツイッターで“エグい”落差のスプリットで三振を奪うシーンを公開している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

移籍後最長の7回2/3を投げて2失点好投で今季4勝目、チームの連敗5で止める

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地レイズ戦に先発し、メジャー移籍後最長となる7回2/3を6安打9奪三振2失点の好投で今季4勝目(1敗)を挙げた。今季最多110球の熱投でチームの連敗を5で止めた。MLBは公式ツイッターで“エグい”落差のスプリットで三振を奪うシーンを公開している。

【特集】第二の内村航平、白井健三を「逆立ち女子」が“街の子ども”に体操を教える理由 / 体操 岡部紗季子さんインタビュー(GROWINGへ)

 こんなに頼れる男はいない。大谷が連敗ストッパーとして、レイズ打線に立ちはだかった。

 この日の登板のハイライトは5回だ。先頭のスミスを96.3マイル(約155キロ)、97.8マイル(約157キロ)のストレート2球で追い込むと、3球目は90.3マイル(145キロ)のスプリットで空振り三振に仕留めた。

 このスプリット。ストライクゾーンから打者の手元で急激に沈み、捕手の手前でほぼワンバウンドするほどの落差。それが普通の投手のストレートと、さほど変わらぬ球速で投じられるのだから、打ち返すのは至難の業だろう。

 MLBは「ショウヘイサンデーより素晴らしいものある?」と最敬礼のコメントと共に、90マイルスプリットを公開。ファンからは「オオタニとトラウトはスーパーヒーロー」「単に彼が良すぎるんだよ」「投げても打ってもスーパースター」と称賛が送られていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー