[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西村優菜“全集中”で5連続バーディー 直前まで気付かず「やっていると意外に(笑)」

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース最終日が1日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われている。27位から出た西村優菜(スターツ)は、5連続を含む6バーディー、2ボギーの68で通算4アンダー。ホールアウト時で9位に順位を上げた。強い風の中でのラウンドだったが、18ホールを通じて集中力を維持。連続バーディー中も舞い上がらず、「4連続になるまで気付きませんでした」と明かした。

パナソニックオープン、通算4アンダーで最終日を終えた西村優菜【写真:Getty Images】
パナソニックオープン、通算4アンダーで最終日を終えた西村優菜【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフツアー パナソニックオープンレディース最終日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース最終日が1日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われている。27位から出た西村優菜(スターツ)は、5連続を含む6バーディー、2ボギーの68で通算4アンダー。ホールアウト時で9位に順位を上げた。強い風の中でのラウンドだったが、18ホールを通じて集中力を維持。連続バーディー中も舞い上がらず、「4連続になるまで気付きませんでした」と明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 西村は自分の世界に入っていた。4番パー4の7メートルを皮切りに、5番パー3で2メートル、6番パー5で1.5メートル、7番パー4で8メートルのパットをカップイン。さらに8番パー5では1.5メートルのパットを決めて、5連続バーディーを成立させた。ホールを重ねるごとに観客は盛り上がったが、西村本人は冷静だった。

「実は4ホール目になるまでは気付きませんでした。意外とやっていると気付かないもんなんですよ(笑)。8番はイージーなパー5だったので、バーディーを狙っていました。後半は2つのボギーがありましたが、集中できた18ホールでした」

 今季第3戦「Tポイント×ENEOS」第2日では、まさかの5連続ボギー。「自分のことが嫌いになりそうでした」と言ったが、それを取り返すかのような5連続バーディーを「いい流れを続けられて、良かったと思います」と素直に喜んだ。コース上には強い風が吹いていたが、「風のラウンドは好きなんです。やるべきことだけを考え、余計なことを考えないでいいので」と胸を張った。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集