[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プレーオフで珍事発生 頭にパス直撃→ふらつく名手に米笑撃「ドッジボールかな?」

米プロバスケットボール(NBA)はプレーオフに突入している。熱戦が繰り広げられている米国で、24日(日本時間25日)に生まれてしまった珍プレーも話題になった。素早くパスを送ろうとしたところ、間にいた味方選手の頭に直撃。「笑いが止まらない」「痛そう」と米ファンの笑撃を呼んでいる。

ウォリアーズのクレイ・トンプソン【写真:ロイター】
ウォリアーズのクレイ・トンプソン【写真:ロイター】

ウォリアーズの選手がまさかのパス

 米プロバスケットボール(NBA)はプレーオフに突入している。熱戦が繰り広げられている米国で、24日(日本時間25日)に生まれてしまった珍プレーも話題になった。素早くパスを送ろうとしたところ、間にいた味方選手の頭に直撃。「笑いが止まらない」「痛そう」と米ファンの笑撃を呼んでいる。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 珍プレーが生まれたのは、ナゲッツ―ウォリアーズ戦だ。第3クォーター残り3分、ボールを受けたウォリアーズのドレイモンド・グリーンが、コート右端でパスを待っていたステフィン・カリーに素早くパスを送る。しかし、ボールはその間にいた味方選手クレイ・トンプソンの頭に直撃してしまった。

 ふらついたトンプソンは頭を押さえて少し痛そう。グリーンも少しバツが悪そうだ。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターは「ドレイモンドはカリーへパスしようとしたところ、誤ってクレイの頭にぶつけてしまった」と文面に記し、実際の映像を公開した。

 真剣勝負のプレーオフで、名手たちの間に生まれたまさかの出来事。米ファンからは「笑いが止まらない」「オーマイガー」「いじめだ笑」「ヘッドショット」「痛そう」「すごい瞬間だ。一生忘れない」「ドッジボールかな?」「本当に事故か?笑」などとコメントが集まっていた。この試合はウォリアーズが121-126で敗れ、対戦成績を3勝1敗としている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集