[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

菊池雄星の“指舐め”を指摘した名物審判 米紙賛同「誤審で非難されてきたが…」

米大リーグ・ブルージェイズの菊池雄星投手は19日(日本時間20日)、敵地レッドソックス戦に先発し、2回に指を舐めたとされて指摘を受けた。打者は1ボールを与えられて四球に。困惑した菊池の動画を米メディアが公開した。米ファンから「馬鹿げた判定」「正しい」と賛否の声が上がっていたが、米紙は「今回は正しかった」と報じた。

5回1失点の投球を見せたブルージェイズの菊池雄星【写真:ロイター】
5回1失点の投球を見せたブルージェイズの菊池雄星【写真:ロイター】

指を舐めた菊池雄星に指摘、注目のシーンとは

 米大リーグ・ブルージェイズの菊池雄星投手は19日(日本時間20日)、敵地レッドソックス戦に先発し、2回に指を舐めたとされて指摘を受けた。打者は1ボールを与えられて四球に。困惑した菊池の動画を米メディアが公開した。米ファンから「馬鹿げた判定」「正しい」と賛否の声が上がっていたが、米紙は「今回は正しかった」と報じた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 投手の動作を見逃さなかった。1-0の2回無死走者なし。フルカウントから菊池がセットポジションに入ろうとしていた時だった。左手でユニホームを触っていた途中で口元に触れたようだ。すかさず一塁塁審がコール。1ボールを与えられた打者は一塁へと歩き出し、菊池は困惑した表情を浮かべた。

 このシーンの動画とともに、米紙「ニューヨークポスト」が記事を掲載。「ユウセイ・キクチがマウンド上で指を舐めていたので、エンジェル・ヘルナンデスが打者に出塁を宣告」との見出しで報じた。一塁塁審を務めたヘルナンデス氏は、ストライク判定などへの誤審が度々クローズアップされてきた名物審判だ。

 今回の判定にも米記者やファンから「エンジェル・ヘルナンデスはいつもこうだ」「馬鹿げた判定」「正しい」と脚光を浴びた。しかし、ニューヨークポストの記事では「ヘルナンデスはこれまで何年も誤審で非難を浴びてきたが、今回は正しかった」と強調。さらに野球規則を用いながらこう説明している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集