[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希の初回163kmで生まれた意外な衝撃 「実況は冷静になってきちゃったか」

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が17日、日本ハム戦(ZOZOマリン)で8回打者24人に完全投球を見せた。10日のオリックス戦(ZOZOマリン)でプロ野球28年ぶりの完全試合を達成したばかり。この日は初回に163キロの剛速球で三振を奪った。スポーツチャンネル「DAZN」は動画を公開。ファンに「打てるかこんなもん」と衝撃を走らせた。

ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】
ロッテの佐々木朗希【写真:編集部】

佐々木朗希の投球に衝撃

 プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が17日、日本ハム戦(ZOZOマリン)で8回打者24人に完全投球を見せた。10日のオリックス戦(ZOZOマリン)でプロ野球28年ぶりの完全試合を達成したばかり。この日は初回に163キロの剛速球で三振を奪った。スポーツチャンネル「DAZN」は動画を公開。ファンに「打てるかこんなもん」と衝撃を走らせた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 伝説の期待を膨らませる一球だった。0-0の初回2死、もちろん走者なし。左打者・石井一成への5球目(この日12球目)だった。ダイナミックなフォームから投じられた剛速球は、この日2度目の163キロ。高め直球で空振り三振に仕留め、堂々とベンチへ歩いた。

 プロ3年目の20歳。10日のオリックス戦(ZOZOマリン)でプロ野球28年ぶりの完全試合を達成した。13者連続奪三振、1試合19奪三振と圧巻の投球だったが、この日も歴史的投球。DAZN公式ツイッターが163キロの動画を「今日も立ち上がりからボールが唸りを上げる」と公開すると、ファンから驚愕のコメントが相次いだ。

「普通に163km投げてて怪物かよ」
「20歳がこんなピッチングするとか怖いな」
「バケモンかよ」
「今日も今日とてえぐそうだな笑」
「打てるかこんなもん。凄いな…」
「163kmが出ても実況は冷静になってきちゃったか」

 意外にも実況まで注目を浴びた一球。佐々木は8回まで打者24人に102球を投じ、14奪三振。打線の援護はなく、0-0のまま、9回のマウンドには守護神の益田直也が上がった。延長10回は西野勇士が登板し、日本ハム・万波中正の中越え弾で失点。わずか1安打の0-1で敗れた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集