[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

鈴木誠也の強心臓デビューに「超感動した」 開幕投手務めた同僚エース右腕が称賛

米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手が7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブルワーズとの開幕戦に「6番・右翼」でスタメン出場。メジャー初安打を含む2打数1安打1得点をマークした。開幕投手を務めたエース右腕のカイル・ヘンドリックスは、日本人ルーキーのデビュー戦について称賛している。

「6番・右翼」でスタメン出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】
「6番・右翼」でスタメン出場したカブスの鈴木誠也【写真:AP】

カイル・ヘンドリックス「非常に落ち着いていた」「良いスイングしていた」

 米大リーグのカブス・鈴木誠也外野手が7日(日本時間8日)、本拠地で行われたブルワーズとの開幕戦に「6番・右翼」でスタメン出場。メジャー初安打を含む2打数1安打1得点をマークした。開幕投手を務めたエース右腕のカイル・ヘンドリックスは、日本人ルーキーのデビュー戦について称賛している。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 メモリアルの瞬間は5回に生まれた。この回先頭で迎えた第2打席、鈴木は昨季のサイ・ヤング右腕バーンズのスライダーをうまくバットに乗せた。最後は左手一本で振り抜いた打球は狭い三遊間を抜け、レフト前へ。その意味を知る本拠地のファンからは大喝采が降り注ぎ、特別な空気に包まれた。この試合は2四球で3打席連続出塁を記録し、勝利に貢献。堂々のデビューを飾った。

 その活躍に目を見張ったのが、開幕投手のヘンドリックス。地元放送局「NBCスポーツ・シカゴ」によると、6回途中1失点と好投した右腕は「彼が実際にどう思っていたかは知らないが、彼は非常に落ち着いていた」「素晴らしいアプローチ、そして四球で繋げるなどできていた。良い投球に対して、良いスイングができていた」と強心臓ぶりを称賛。「打席での彼の振る舞いやアプローチに対して、私は超感動した」とまで話したという。

 カブスのロス監督によると、勝利した瞬間が最もベンチ内が盛り上がったが、その次は初安打の場面だったという。さらに、ヘンドリックスは「素晴らしかった」「彼がベンチに戻ってきたとき、みんなが興奮していた。全員が彼を祝福し、ハグをしていたんだよ」「彼は満面の笑みだったし、最高の瞬間だっただろう。私も忘れない出来事になる。彼もそうだろう」などとその場面の様子を明かしたという。

 早速チームの信頼を勝ち取った様子の鈴木。メジャーの第一歩を踏み出した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集