[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

異例の“スタッフ契約”から6か月 三河の米バスケ選手、平均20.3得点とエース級の活躍

バスケットボールB1リーグの2021-22シーズン開幕直前、シーホース三河が“チームスタッフ”の加入を発表した。名をアンソニー・ローレンスⅡ(二世)という。彼はマイアミ大でプレーしたのち、NBA Gリーグに在籍していた25歳。201センチ・100キロのウイングプレーヤーだ。

シーホース三河のアンソニー・ローレンス二世【写真:SeaHorses MIKAWA co.,LTD.】
シーホース三河のアンソニー・ローレンス二世【写真:SeaHorses MIKAWA co.,LTD.】

2月5日に選手登録、25歳のローレンス二世がB1リーグで目覚ましい活躍

 バスケットボールB1リーグの2021-22シーズン開幕直前、シーホース三河が“チームスタッフ”の加入を発表した。名をアンソニー・ローレンスⅡ(二世)という。彼はマイアミ大でプレーしたのち、NBA Gリーグに在籍していた25歳。201センチ・100キロのウイングプレーヤーだ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 チームのGM的な役割も果たしている鈴木貴美一ヘッドコーチ(HC)は、「コロナだからビザを取って準備して、1人は確保したかった」と振り返る。コロナ禍において、外国籍選手の負傷や日本国籍取得などで枠が空いた場合、代わりの選手をすぐ入国させることは難しい。三河はある種の保険としてローレンスⅡを“就労ビザのある練習生”の扱いで契約した。

 三河は今年2月上旬にジェロード・ユトフ、カイル・コリンズワースが相次いでインジュアリー(故障者)リストに入り、ロースターから外れた。ローレンスⅡはそれを受けて2月5日に選手として登録され、Bリーグデビューを果たした。

 そこから13試合、彼は目覚ましい活躍を見せている。1試合平均20.3得点、6.5リバウンドを記録していて、これは“スター選手級”のスタッツだ。4月6日の島根スサノオマジック戦は三河がオーバータイムの末に84-90で敗れたものの、ローレンスⅡは42分9秒のプレータイムでなんと35得点を決めた。

 この試合、島根のファウル数は「16」とそこまで多くなかったが、そのうち9ファウルはローレンスⅡに対するもの。ローレンスⅡはゴール下への突破で島根のディフェンスを苦しめ、1試合でフリースローを15本も放っている。

 彼のペイントアタックは強引に見えるが、実は効率的だ。小さなズレを活かすスピードがあり、高確率でフィニッシュに結びついていた。長い腕と跳躍力を生かしたフックシュートや3ポイントシュートの精度も高い。

 鈴木HCはローレンスⅡについて、こう述べる。

「非常に得点能力があるし、ハードにリバウンドを頑張ろうというところもある。だんだんとチームにも慣れてきて、今日は彼が我々のオフェンスをリードしてくれた。素直に練習もやっている」

 ローレンスⅡは自らの活躍をこう振り返る。

「出だしにリードされて、追い上げようとしているなかで、アグレッシブにアタックしたら上手くいきました。チームメートも『もっとアタックしろ』と言ってくれたので、それでずっとアタックするようにしました」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集