[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔&村元哉中、15位出遅れも「誇るべきだ」 ミスをしても米識者が評価したワケ

フィギュアスケートの世界選手権は25日、フランス・モンペリエでアイスダンス・リズムダンス(RD)などが行われ、初出場の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は67.77点の15位だった。ミスも出た不完全燃焼の演技。それでも、米記者から「4年後の五輪も滑るのか?」とラブコールが送られた。

世界選手権アイスダンス・リズムダンスで15位だった村元哉中、高橋大輔組【写真:AP】
世界選手権アイスダンス・リズムダンスで15位だった村元哉中、高橋大輔組【写真:AP】

フィギュアスケート世界選手権、高橋&村元カップルに米記者注目

 フィギュアスケートの世界選手権は25日、フランス・モンペリエでアイスダンス・リズムダンス(RD)などが行われ、初出場の村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)は67.77点の15位だった。ミスも出た不完全燃焼の演技。それでも、米記者から「4年後の五輪も滑るのか?」とラブコールが送られた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 かなだいの演技は注目を集めた。高橋にとってはシングルから帰って来た世界選手権の舞台。「ソーラン節&琴」を力強く演じたが、2人同時に連続でターンするツイズルで高橋がバランスを崩した。

 18年の村元、クリス・リード組による日本勢過去最高の11位を更新する成績が期待されていた日本のカップル。出遅れてしまったが、心に響く演技だったようだ。米人気コメンテーター、ニック・マクカーベル氏はツイッターを更新。「ムラモト・タカハシの演技を初めて見たが、凄まじく魅力的だ」とつづり、こう続けた。

「ダイスケは一度ツイズルを外すこともあったが、それ以外は誇るべきリズムダンスだった。彼らは4年後の五輪も滑るのだろうか? 間違いなくそう願いたい」

 ミスはあったものの、その他の演技に感激したようだ。日本人カップルは上位20組による26日のフリーに進出。2季連続で「バヤデール」を演じる。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集