[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宮原知子、現役引退を発表 24歳誕生日に報告「悔いなくやりきった」 今後はプロスケーターに

フィギュアスケートの平昌五輪女子シングル代表・宮原知子が26日、現役引退を発表した。自身のインスタグラムと公式ブログを更新。この日24歳の誕生日を迎え、「この度、現役を引退することを決断いたしました」と明かした。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

宮原知子が引退

 フィギュアスケートの平昌五輪女子シングル代表・宮原知子が26日、現役引退を発表した。自身のインスタグラムと公式ブログを更新。この日24歳の誕生日を迎え、「この度、現役を引退することを決断いたしました」と明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 宮原は1998年3月26日、京都生まれ。2015年世界選手権で2位に入った。グランプリ(GP)ファイナルは15、16年に2季連続2位。16年は四大陸選手権で優勝を果たした。全日本選手権は17年までに4連覇し、18年平昌五輪は4位。昨年12月の全日本選手権は5位にとどまり、北京五輪は出場できなかった。

 151センチの小さな体ながら、ミスの少ない演技や表現力などにも定評があり、ファンに愛されたスケーターだった。インスタグラムには、スケート靴とともに「Thank you」などと記したメッセージカードの画像を公開。公式ブログでは英語と日本語で想いをつづった。日本語全文は以下の通り。

 ◇ ◇ ◇

「皆さま、こんにちは

早くも3月が終わりに近づいてまいりました。暖かくなり、新しい季節の始まりを感じます。

そして. . .

本日は、私の24歳の誕生日です!

このような日に、私から皆様へご報告したいことがあります。

この度、現役を引退することを決断いたしました。

唐突なご報告で申し訳ございません。いつが良いか思案した結果、自分の誕生日にしよう!と思い、本日となりました。

今シーズン、スケート人生で1番、自分と向き合い、毎日を大切に過ごしてまいりました。これまで以上に、もうこれ以上はできないと納得いくまで練習し、試合に臨んだシーズンでした。私の中で悔いはなく、やりきったという気持ちでいっぱいです。

今後の夢は沢山ありますが、まずはプロスケーターとして自分のスケートを極め、新境地を開いていけるよう、これまでの経験を活かして頑張っていきたいと思っております。詳細につきましては4月1日にメディア公表をいたします際にお話しさせていただきます。

最後になりますが、スケート人生を通してサポートしてくださったコーチの方々、家族、友達、スケート連盟の方々、スポンサーの方々、ファンの皆さま、関係するすべての方々に感謝申し上げます。

本当に本当に本当にありがとうございました。

一言では伝えきれない気持ちでいっぱいです。この気持ちを少しでも自分のスケートで恩返しという形でお伝えできますよう、精進いたします。

新しい幕を切り開いた、新しい宮原知子を今後ともどうぞよろしくお願い致します」

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集