[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

震度6強のニュースで「当時蘇った」 東日本大震災で被災の岸部桃子、両親の無事確認

国内女子ゴルフツアーの今季3戦目・Tポイント×ENEOSが18日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で開幕する。前週の明治安田生命レディスで7位に入った岸部桃子(塩田建設)が17日に会見。岸部は福島県いわき市出身で、高2の時に東日本大震災で被災。昨夜、宮城県と福島県で最大震度6強を観測した地震を受け「(震災)当時の映像が蘇りました」と語った。その上で「地元に元気が届けられるプレーをしたい」と意気込んだ。

岸部桃子【写真:Getty Images】
岸部桃子【写真:Getty Images】

18日開幕、今季第3戦のTポイント×ENEOSを前に会見

 国内女子ゴルフツアーの今季3戦目・Tポイント×ENEOSが18日、鹿児島高牧CC(6419ヤード、パー72)で開幕する。前週の明治安田生命レディスで7位に入った岸部桃子(塩田建設)が17日に会見。岸部は福島県いわき市出身で、高2の時に東日本大震災で被災。昨夜、宮城県と福島県で最大震度6強を観測した地震を受け「(震災)当時の映像が蘇りました」と語った。その上で「地元に元気が届けられるプレーをしたい」と意気込んだ。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 岸部は今朝になって、地震の情報を知った。「起きて、ニュースを見てビックリしました。すぐに両親に連絡しました。『大丈夫だよ』と言っていたので被害はなかったと思いますが、私はあの日(震災当日)の映像が蘇ってきました。これ以上(被害が)広がらないといいなと思います」

 岸部は2011年3月11日、富岡高の理科室で被災している。当時は福島第1原発に近い同校の2年生として在学中で、すぐに避難。妹は中3で同校への入学が決まっていたが、他校に進学せざるを得なくなった。岸部はその後、ゴルフを再開。翌12年7月のプロテストに合格し、ここまで歩んできた。

 しかし、当時は体重44キロの細身でパワー不足。低いボールのフッカーでドライバー飛距離は平均240ヤードだったが、「グリーンでボールが止まらないことが悩みでした」と振り返る。その後、フェードにスイング改造して飛距離は220ヤードに。ボールが止まるようになったことで球筋は変えず、体重増で飛距離アップをはかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集