[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

女子ゴルフ吉田優利、見返した小学校の卒アルに照れ笑い「こんなこと書いていたなんて」

女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)は西郷真央(島津製作所)のツアー初優勝で終了した。プロ3年目を迎えた21歳・吉田優利(エプソン)は通算イーブンの26位。ラウンド後、小学校時代の卒業アルバムを見返したエピソードを明かし、新シーズンの決意を述べた。

吉田優利が小学生のころの卒業アルバムを公開【写真:Getty Images】
吉田優利が小学生のころの卒業アルバムを公開【写真:Getty Images】

今季開幕戦は26位、3年目の決意は「みんなから応援されるプレーヤー」

 女子ゴルフの今季開幕戦・ダイキンオーキッドレディス(沖縄・琉球GC)は西郷真央(島津製作所)のツアー初優勝で終了した。プロ3年目を迎えた21歳・吉田優利(エプソン)は通算イーブンの26位。ラウンド後、小学校時代の卒業アルバムを見返したエピソードを明かし、新シーズンの決意を述べた。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 吉田は初日こそ「75」だったものの、以降3日間は「71」でアンダーパー。最終日もボギーが先行しながら、以降にバーディー2つを取り返し、新シーズン初戦は26位で終えた。

「小学生の頃の卒アルをふと見返しました…」

 ラウンド後、インスタグラムで明かしたのは、こんなエピソード。投稿した画像には小学生とは思えないしっかりとした字で「ゴルフだけでなく、勉強とゴルフを両立していきたいです」「プレー中も、同伴者に迷惑や、いやな感じの印象を残すようなプレーヤーに絶対ならないように気を付けて、みんなから応援されるようなプレーヤーになりたいです」などと記している。

 投稿では「まだゴルフを始めて3年経ってなかったと思います。こんなこと書いていたなんて全く覚えていませんでした笑」としながら「プロゴルファーになってたくさんの方にサポートされてゴルフ出来ていることを1秒たりとも忘れないようにしたいと思います」と初心を思い返した様子だ。

 2000年度生まれのプラチナ世代と呼ばれる学年の吉田。昨年は7月にツアー初優勝を果たすなど2勝を挙げ、賞金ランク22位と躍進した。「今年でプロ3年目です! 卒アルに書いてあるように、みんなから応援されるプレーヤーになれるように日々前進したいと思います」と決意を述べた。

 オフにはウエルシア薬局と新たにスポンサー契約を締結。実力と人格をしっかりと揃えた女子ゴルファーへ。地に足をつけ、吉田の3年目が幕を開けた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集