[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「与えられるものは有限」― 小平奈緒、ファンをうならせた「Naoの哲学」

「与えられるものは有限」― 小平奈緒、ファンをうならせた「Naoの哲学」

平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)が「Naoの哲学」でファンをうならせた。22日、名古屋市内で行われたアイウェアブランド「オークリー」の新店オープンイベントに登場。ファン30人の前でトークショーを行い、スランプの対処法、目標の見つけ方など、独自の考えを明かした。

名古屋市内で行われたイベントでファン30人を前にトークショーを行った小平奈緒【写真:荒川祐史】
名古屋市内で行われたイベントでファン30人を前にトークショーを行った小平奈緒【写真:荒川祐史】

スランプの対処法、目標の見つけ方…トークショーで語った金メダリストの哲学

 平昌五輪スピードスケート女子500メートル金メダルの小平奈緒(相沢病院)が「Naoの哲学」でファンをうならせた。22日、名古屋市内で行われたアイウェアブランド「オークリー」の新店オープンイベントに登場。ファン30人の前でトークショーを行い、スランプの対処法、目標の見つけ方など、独自の考えを明かした。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 言葉一つ一つに“らしさ”が溢れていた。トークショーの質疑応答。「スランプの時、モチベーションをどう上げるか」。こんな質問に対し、小平は冷静に言葉をつないだ。

「転倒が続いたシーズン、記録に結びつかないシーズンというのは何を信じていいか、分からなくなる時がある。そういう時、私が目指したい場所はどこなのか、それがはっきりしていると、失敗しても成功しても、それが『私にとってすべて正解』と思える。たとえ、その時はダメかもしれないけど、必ず近くに見てくれている人がいる。そういう人たちと一緒に頑張れば、どんなスランプも乗り越えられると思っています」

 小平が目指すもの。それは五輪金メダルという目に見えるものにとどまらない。「究極の滑りを目指したい。金メダルの先にあるもの。そこをぶらさない、信念を曲げない、ということにはこだわっていたと思っています」と胸を張った。そして、中学生の娘を持つ親から「物事を頑張らせるコツはあるか」という問いには、こう答えた。

「一生懸命頑張ることが自己満足だけで終わってしまうとつまらないと思う。たくさんの人に影響を与えられるかなと思って頑張ると、自分が思う2倍頑張れるんです。与えるというより届くといいな、という気持ちを持つこと。そうすると、私は皆さんに応援していただいて、私も皆さんを応援するというサイクルができる。私も勇気をもらえるし、私も勇気を届けることができると思うと、みんなで頑張れる。一人じゃない関係が頑張り方のコツじゃないかなと思います」

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー