[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「革靴の衝撃」― 元名手監督の“腕組みトラップ”に騒然「技術は今もトップ級だ」

「革靴の衝撃」― 元名手監督の“腕組みトラップ”に騒然「技術は今もトップ級だ」

海外サッカーで、ピッチ脇で戦況を見守る指揮官が飛んできたボールを革靴で腕組みしたまま、足元にピタリと止める抜群のテクニックを披露。思わず、すぐ後ろで控えていたベンチ入り選手も笑ってしまったほどの“神トラップ”を海外メディアが動画付きで公開すると、ファンから「ベンチにいる誰よりも巧いんじゃないか」「歴代で最も足元の巧い監督だろう」「スキルは今でも現役トップクラスだ」と話題を呼んでいる。

デポルティボのクラレンス・セードルフ監督【写真:Getty Images】
デポルティボのクラレンス・セードルフ監督【写真:Getty Images】

セードルフ監督がクリアボールを革靴トラップ…ファン驚愕「ベンチの誰よりも巧い」

 海外サッカーで、ピッチ脇で戦況を見守る指揮官が飛んできたボールを革靴で腕組みしたまま、足元にピタリと止める抜群のテクニックを披露。思わず、すぐ後ろで控えていたベンチ入り選手も笑ってしまったほどの“神トラップ”を海外メディアが動画付きで公開すると、ファンから「ベンチにいる誰よりも巧いんじゃないか」「歴代で最も足元の巧い監督だろう」「スキルは今でも現役トップクラスだ」と話題を呼んでいる。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 “スーツ姿の魔術師”と化したのは、スペインリーグ1部デポルティボのクラレンス・セードルフ監督だった。

 14日のリーグ戦、アスレチック・ビルバオ戦の試合中だった。自軍の選手が高々とクリアしたボールはベンチ方向へ飛んできた。その先に立っていたのが、サイドライン際で戦況を見守っていたセードルフ監督だ。黒のスーツ、白のシャツに青のネクタイをビシッと締め、腕組みをする姿はなんとも凛々しい。しかし、当然、足元は革靴。ボールを避けるのかと思った次の瞬間だ。

 そのままボールを見つめ、タイミングを計ると右足でダイレクトでトラップ。しかも、絶妙にバックスピンをかけ、足元にぴったりと収めてみせたのだ。腕は組んだまま。そんな絶妙なテクニックを見せてもピクリとも表情を変えず、すぐにピッチ上の戦況に視線を移した。しかし、背後のベンチから称賛の声が飛んだのか、一瞬振り返って向き直ると、クールに笑みをこぼした。

 仰天の“神トラップ”の瞬間をスペイン専門メディア「La casa del futbol」公式ツイッターは「デポルティボのベンチはセードルフのコントロールに大はしゃぎ」と題し、動画付きで紹介。映像を観ると、監督の背後でベンチに控えていた選手たちが一様に驚いた顔を浮かべ、その後に思わず笑い出してしまっている。それほど、驚きは大きかったのだろう。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー