[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • -23度の激走、謝罪の丸刈り… 川内優輝、「お気に入りにすべき10の理由」を英紙特集

-23度の激走、謝罪の丸刈り… 川内優輝、「お気に入りにすべき10の理由」を英紙特集

男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、ボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒で優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした「市民ランナー」に英高級紙も注目。「お気に入りランナーにすべき10の理由」と異例の大特集を展開している。

川内優輝【写真:Getty Images】
川内優輝【写真:Getty Images】

海外メディアも虜、英高級紙が“10の川内伝説”を異例の大特集

 男子マラソンの川内優輝(埼玉県庁)が16日、ボストンマラソン(米ボストン)で2時間15分58秒で優勝。日本人として瀬古利彦以来、31年ぶりの快挙を果たした「市民ランナー」に英高級紙も注目。「お気に入りランナーにすべき10の理由」と異例の大特集を展開している。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 同じ日に予定されていたメジャーリーグの公式戦が中止になるほどの悪天候に見舞われたボストン。極寒の42.195キロで魂の激走を演じ、表彰台の頂点に立った川内旋風は海を越え、英国にまで波及している。

「ボストンマラソンの優勝者、ユウキ・カワウチがあなたのお気に入りのランナーにするべき10の理由」

 こう見出しを打って特集したのは、英高級紙「ガーディアン」だ。「彼の勝利はボストンマラソンで評論家たちに衝撃を与えた。しかし、世界中の彼のファンにとっては、信じられない快挙の数々の一つに過ぎないのだ」と、31歳の伝説ベスト10を紹介している。

 最初の伝説は3月25日に出身地の久喜ハーフマラソンにゲストランナーとして走った際のパンダの着ぐるみ姿の激走だ。「彼はこの大会で以前、スーツ姿で13.1マイルの非公認世界新記録をマークしていた。彼はパンダのコスチュームで1時間10分3秒を記録し、2位に入って弟の鮮輝を破った」。住宅街をパンダ姿で疾走し、観衆から拍手で激励される動画も紹介されている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー