[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

NBAで起きた危険ブロックに米波紋 被害選手は骨折「空中で俺の手首を掴んだ。最悪だ」

米プロバスケットボール(NBA)で起きた危険なプレーが波紋を呼んでいる。21日(日本時間22日)のバックスとブルズの一戦。アレックス・カルーソ(ブルズ)がグレイソン・アレン(バックス)から悪質なファウルを受け、手首を骨折した。実際の映像を米メディアが公開すると「汚いプレーだ」「ショッキング」などのコメントが集まっている。

21日のバックス戦でファウルを受け、手首を骨折したブルズのアレックス・カルーソ【写真:Getty Images】
21日のバックス戦でファウルを受け、手首を骨折したブルズのアレックス・カルーソ【写真:Getty Images】

骨折したブルズのカルーソは全治6~8週間

 米プロバスケットボール(NBA)で起きた危険なプレーが波紋を呼んでいる。21日(日本時間22日)のバックスとブルズの一戦。アレックス・カルーソ(ブルズ)がグレイソン・アレン(バックス)から悪質なファウルを受け、手首を骨折した。実際の映像を米メディアが公開すると「汚いプレーだ」「ショッキング」などのコメントが集まっている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 第3クォーター残り6分を切った頃だった。ゴール前でパスを受けたカルーソが、そのままレイアップシュートを狙った瞬間だ。対峙したアレンが空中で腕をはたくように強引にブロック。カルーソはそのまま体勢を崩し、右手からコートに落下し、全身を打ち付けられた。起き上がることができず、試合は中断。アレンはフレグラントファウル2で一発退場となった。今後の処分はまだ決まっていないという。

 米紙「USAトゥデー」も「悪質なファウルを受けたブルズのアレックス・カルーソは手首の骨折で6~8週間の離脱」と見出しを打って記事を掲載。「あいつは空中で俺の手首を掴んだんだ。最悪だよ。どうすればいいのか分からない。酷い怪我にならなくて良かった」と、負傷したカルーソのコメントも紹介している。

 実際の映像を米大手スポーツ専門局「NBCスポーツ」のシカゴ・ブルズ専門ツイッターが公開。米ファンからは「ファウルではなく汚いプレーだ」「Wow これは汚すぎる!」「ショッキングだ」などとコメントが寄せられている。

 ブルズは28勝16敗で現在東地区2位につけている。しかし、試合も90-94で敗れ、主力選手も離脱。優勝を目指すチームにとって大きな痛手となった1日だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集