[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

7位横井ゆは菜のステップに元世界女王が称賛「私なら4~5加点すると叫んでしまった」

フィギュアスケートの四大陸選手権(エストニア・タリン)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が145.41点、合計218.03点を記録し、5年ぶり2度目の優勝を飾った。SP12位の横井ゆは菜(中京大)は自己新の131.41点をマークし、合計185.34点で7位に食い込んだ。ペア世界女王から称賛の声が上がっている。

横井ゆは菜【写真:AP】
横井ゆは菜【写真:AP】

フリー自己ベスト「どんな評価をされようと、見事なシークエンス」

 フィギュアスケートの四大陸選手権(エストニア・タリン)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三原舞依(シスメックス)が145.41点、合計218.03点を記録し、5年ぶり2度目の優勝を飾った。SP12位の横井ゆは菜(中京大)は自己新の131.41点をマークし、合計185.34点で7位に食い込んだ。ペア世界女王から称賛の声が上がっている。

【注目】パリを目指す才藤歩夢の想い 『チアスタ!』で受けたギフティングは近代五種の普及活動へ

 SP12位から巻き返し、フリー自己ベスト131.41点をマークし、合計185.34点で7位に巻き返した横井に反応したのがメーガン・デュハメル。エリック・ラドフォードとのカップルで世界選手権連覇、平昌五輪銅メダルなど活躍してきたペアの名手はツイッターを更新した。

「ユハナが驚くべき脚使いで演技を終えた時、私は大声で『私なら4~5加点する』と叫んでしまった」

 こう明かしたデュハメル。「残念ながらテクニカルボックス(技術点)ではほとんどの審判がたったの加点2だった。どんな評価をされようと、私には見事なシークエンスだった」と採点の低さを指摘しながら、ステップワークを絶賛した。

 大会前に所属クラブの仲間からもらった応援寄せ書きTシャツをキスアンドクライで披露していた横井。SPの出遅れが響き、表彰台を逃したものの、確かな技術を見せたフリーはペアの世界女王も認める演技だった。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集