[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔&村元哉中、日本最高の四大陸銀を海外称賛「ラ・バヤデールの純粋な美しさ」

フィギュアスケートの四大陸選手権は21日、エストニア・タリンでアイスダンスのフリーダンス(FD)が行われ、村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が109.48点、合計181.91点で日本勢の大会過去最高位となる銀メダルを獲得した。海外メディアは「嗚呼、純粋な美しさ」と称賛している。

四大陸選手権で銀メダルを獲得した村元哉中(右)高橋大輔組【写真:AP】
四大陸選手権で銀メダルを獲得した村元哉中(右)高橋大輔組【写真:AP】

四大陸選手権2位に海外注目

 フィギュアスケートの四大陸選手権は21日、エストニア・タリンでアイスダンスのフリーダンス(FD)が行われ、村元哉中、高橋大輔組(関大KFSC)が109.48点、合計181.91点で日本勢の大会過去最高位となる銀メダルを獲得した。海外メディアは「嗚呼、純粋な美しさ」と称賛している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

「かなだい」が日本の歴史に名を刻んだ。リズムダンス(RD)で演じた、プログラム全体に和の装いが広がる「ソーラン節&琴」とは対照的な世界観。クラシックバレエの名作に基づくFDの「ラ・バヤデール」では華麗な舞いを披露した。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイド・スケーティング」公式ツイッターは、かなだいの演技に注目した。「ああ、タリンで演じられたカナ・ムラモトとダイスケ・タカハシによる、このラ・バヤデールのFDは純粋な美しさ」と称賛。「序盤は硬さもあり、ミスを恐れて慎重な場面もあった。だが、彼らを見ることは紛うことなき喜びだ」と大絶賛している。

 結成2シーズン目に主要国際大会初の表彰台に上がる活躍を見せた。昨年末の全日本選手権は2位で北京五輪切符の獲得はならず。3月の世界選手権(フランス)代表には決まっている。

(THE ANSWER編集部)



ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集