[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米識者が最も衝撃的だったホームランを回顧 米ファン共感「これでエース」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季二刀流で大活躍。打っては46本塁打、投げては9勝を挙げ、ア・リーグMVPに満票で選出された。凄さの一つに挙がるのが、ボールをとらえた時の打球音。米識者は、最も衝撃的だった1本を動画で公開。ファンからも「マジでデカい音」「これでエースだからな」と共感のコメントが書き込まれている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

実況席も「オッホ!」と笑い出した一発とは…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季二刀流で大活躍。打っては46本塁打、投げては9勝を挙げ、ア・リーグMVPに満票で選出された。凄さの一つに挙がるのが、ボールをとらえた時の打球音。米識者は、最も衝撃的だった1本を動画で公開。ファンからも「マジでデカい音」「これでエースだからな」と共感のコメントが書き込まれている。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 確かに普通の音じゃない。ポッドキャストのエンゼルス情報番組「トーキン・ハローズ」でホストを務めるジャレッド・ティムズ氏が話題にあげたのは、4月4日(日本時間5日)のホワイトソックス戦で放った2号ソロだ。

「2番・投手」の“リアル二刀流”で出場。初回の第1打席で高め97マイル(約156キロ)を粉砕した。「パカン!」とけたたましい打球音を残したボールは、飛距離137メートルの特大弾。打った瞬間に米実況席も「オッホ!」と笑いだしてしまう一発だった。

 実際の映像をツイッターに公開したティムズ氏は「今朝、ショウヘイの気分がしたので2021年で最も大きな打球音のした本塁打を投下します」と文面につづり、「マイクの音がどうとかいう人がいますが、私はこの試合で着弾点の1セクション上に座っていました。でも自分の座っていた場所に着弾したような音がしたんです」と衝撃を伝えた。

 共感した米ファンからも「この打球音が恋しい」「この映像は定期的に再生している」「この音よ」「ロケットが撃ち込まれたような感じ」「俺も現地だったが、まじでデカい音だった。煙が出ていた」「この映像がタイムラインに出てくる度に再生している」「これでいてエース投手だからな」などとコメントが書き込まれている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集