[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

25歳三ヶ島かなが涙の初V プロ1年目から成長「ビビりながらクラブハウスに入って…」

女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は28日、最終ラウンド(R)が行われ、25歳の三ヶ島かな(ランテック)がツアー初優勝をメジャー制覇で飾った。単独首位で出て、4バーディー、2ボギーの70で回り、通算11アンダー。2位以下に4打差をつける完勝だった。

16番でバーディーを奪い、ガッツポーズする三ヶ島かな【写真:Getty Images】
16番でバーディーを奪い、ガッツポーズする三ヶ島かな【写真:Getty Images】

JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ最終R

 女子ゴルフの今季最終戦、国内メジャー・JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ(宮崎CC、6543ヤード、パー72)は28日、最終ラウンド(R)が行われ、25歳の三ヶ島かな(ランテック)がツアー初優勝をメジャー制覇で飾った。単独首位で出て、4バーディー、2ボギーの70で回り、通算11アンダー。2位以下に4打差をつける完勝だった。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 優勝決定後に涙を流した三ヶ島は、インタビューで「ほっとしています」と第一声。これまで2位は何度もあり、2週連続の最終日最終組で勝ち切った。「ずっと負けが続いていたので、本当にうれしい」と表情をほころばせた。

 25歳で迎えた歓喜の瞬間。「プロ1年目はクラブハウスを見て、ここで私は戦っていくんだと思い、ビビりながらクラブハウスに入っていました。今は優勝争いをしていて成長を感じます」と感慨に浸り、成長点については「ミスを許せるところが一番成長できたかな」と語った。

 ツアー初優勝が国内メジャー制覇という快挙もついてきた。「シードが3年間あるのはありがたいことだし、海外挑戦のきっかけにもなると思うけど、どの試合でもいいから勝ちたかった。メジャー関係なしにうれしいです」と本音ものぞかせた。

 全52試合となった長いシーズン。「スイング改造にも取り組んだので、いろいろあって目まぐるしく2年を過ごしていたけど、意外と早く終わった。頑張った甲斐がありました」と三ヶ島。「まだまだ伸びしろがあり、足りないところもあるので、このオフで成長できるようにいっぱい練習していこうと思います」とさらなる成長を誓っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集