[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「世界の壁を感じたことない」 ボクシングミドル級の森脇唯人が求める格闘技の本質

アマチュアボクシングの全日本選手権第3日が26日、東京・墨田区総合体育館で行われ、男子ミドル級2回戦では森脇唯人(自衛隊)が須永大護(東洋大)に5-0で判定勝ちし、27日の準決勝へ進出した。東京五輪は初戦に勝利したが、2回戦敗退の25歳。4連覇に向けて格闘技の本質を追い求める。

全日本選手権4連覇に向けて準決勝進出を決めた森脇唯人【写真:浜田洋平】
全日本選手権4連覇に向けて準決勝進出を決めた森脇唯人【写真:浜田洋平】

アマチュアボクシング全日本選手権

 アマチュアボクシングの全日本選手権第3日が26日、東京・墨田区総合体育館で行われ、男子ミドル級2回戦では森脇唯人(自衛隊)が須永大護(東洋大)に5-0で判定勝ちし、27日の準決勝へ進出した。東京五輪は初戦に勝利したが、2回戦敗退の25歳。4連覇に向けて格闘技の本質を追い求める。

【特集】身近になったフィギュアスケート 元トップ選手が伝えたい競技の魅力 / フィギュアスケート・中野友加里さんインタビュー(GROWINGへ)

 完勝にも辛口評価だった。森脇は持ち前の素早い身のこなしで相手のパンチを回避。的確に当て、ジャッジ5人全員がフルマークをつけた。「自己評価は70~80点ですけど、コーチや父には『何やってんだよ』と言われる。どこかで自分を守っている部分がある」とメンタル面を課題に挙げた。

 東京五輪では、2017年世界選手権王者オレクサンドル・ヒズニャク(ウクライナ)に2回戦で完敗。10月の世界選手権も初戦の2回戦でウズベキスタンの強豪選手に攻め手を欠き、0-5で敗れた。「自分のメンタルが原因。パンチをもらわないように、倒されないようにと思って自分を守ってしまっていた」。結果だけを見れば足りないものが多いが、世界で勝ち上がる選手との差はわずかだと感じている。

「ボクシングというスポーツですけど、喧嘩が強いような人が勝っていく印象。喧嘩の延長でボクシングの技術がプラスされていく。それはこの階級で戦って肌で感じてきたところです」

 帰国時も隔離施設内ですぐに練習。コンディション面でコロナ禍の影響がなかっただけに、この日は課題を払拭できないことが悔しかった。

 上限75キロのミドル級。世界的にも層が厚く、プロよりグラブが大きいとはいえ一発は重い。気持ちの面で一歩引いてしまう。それでも、メンタル以外では手応えがあった。「結果を出していない僕が言うのもおかしいですけど、全く世界との壁を感じたことはない。本当に気持ちの問題。そこを一番変えていきたい」と上への道筋は見えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集