[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨に「心を奪われた」米国選手 2人の会見シーンに称賛の声「内面素晴らしい」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は12日、東京・国立代々木競技場で男子ショートプログラム(SP)が行われ、18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が今季世界2位の102・58点で首位発進した。米専門メディアは会見の画像を公開。米国選手が隣の宇野に敬意の言葉を述べたことに対し、ファンから「内面も素晴らしい優しきナイスガイ」と称賛の声が上がっている。

宇野昌磨【写真:Getty Images】
宇野昌磨【写真:Getty Images】

宇野昌磨と大会出場、2位発進のゾウ「子どもの頃の夢がかなった」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯は12日、東京・国立代々木競技場で男子ショートプログラム(SP)が行われ、18年平昌五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)が今季世界2位の102・58点で首位発進した。米専門メディアは会見の画像を公開。米国選手が隣の宇野に敬意の言葉を述べたことに対し、ファンから「内面も素晴らしい優しきナイスガイ」と称賛の声が上がっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 会見の様子を撮った1枚。上下黒のジャージを着た宇野はマイクの前に座っている。パーテーションの先にいるのは、21歳のビンセント・ゾウ(米国)だった。米専門メディア「フィギュアスケーターズオンライン」の公式ツイッターは「ビンセントはジュニア選手として参加した2015-16シーズンのGPファイナルでショウマのスケートを見た時のことを覚えていると語った」と紹介。23歳の宇野に対し、こう語ったという。

「彼の演技を生で見て、その信じられないようなスケーティングに心を奪われ、感激したのを覚えている」「そのレベルで競い合えるのは光栄なこと。子どもの頃の夢がかなった」

 投稿に対し、日本人ファンからは「内面も素晴らしい優しきナイスガイ」「カッコええ」「ヴィンスもいい子だね。ショマもヴィンスもお互い称え合って」とコメントが寄せられている。ゾウは99.51点で2位発進。男子フリーは13日午後7時35分からに行われる。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集