[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太「歴史の一部」ゴロフキン「日本で行うのは光栄」 ビッグマッチ決定一問一答

ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。村田にとっては2年ぶりの試合。日本人ボクサーでは過去最大級のビッグマッチがついに実現する。戦績は35歳の村田が16勝(13KO)2敗、39歳のゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。試合は「Amazon Prime Video」で独占生配信される。

ゴロフキン戦正式発表の会見に出席した村田諒太【写真:荒川祐史】
ゴロフキン戦正式発表の会見に出席した村田諒太【写真:荒川祐史】

都内の会見で村田諒太VSゴロフキンを正式発表

 ボクシングのWBA世界ミドル級スーパー王者・村田諒太(帝拳)が12日、都内で会見し、日本時間12月29日にさいたまスーパーアリーナでIBF世界同級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と王座統一戦を行うと正式発表した。村田にとっては2年ぶりの試合。日本人ボクサーでは過去最大級のビッグマッチがついに実現する。戦績は35歳の村田が16勝(13KO)2敗、39歳のゴロフキンが41勝(36KO)1敗1分け。試合は「Amazon Prime Video」で独占生配信される。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 ついにビッグマッチが正式にアナウンスされた。村田は2019年7月にロブ・ブラント(米国)との再戦で世界王座を奪還。同年12月23日のスティーブン・バトラー(カナダ)戦で5回TKO勝ちし、初防衛を果たした。コロナ禍によりなかなか試合を組めず、2年ぶりの試合となる。勝って複数団体統一王者になれば日本人5人目。世界的に層の厚いミドル級では日本人初の快挙だ。

「世界最強」の称号を欲しいままにしてきたゴロフキン。アマチュア時代の2004年アテネ五輪で銀メダルを獲得し、06年5月にプロデビュー。10年8月に初めて世界タイトルを獲得すると、19回も連続防衛を果たした世界的スーパースターである。主要4団体のうち3つのベルトを統一し、世界で最も権威のある米専門誌「ザ・リング」の階級を超えた格付けランク「パウンド・フォー・パウンド(PFP)」で長く1位に君臨していた。

 村田は対面形式の会見、ゴロフキンはリモートで出席した。それぞれの一問一答は以下の通り。

【村田一問一答】

――ビッグマッチが決まった心境は。

「一番尊敬する選手ですし、一緒にトレーニングもした相手。実績は凄いものがある。彼を倒して僕が最強だと証明したいと思います。この試合を決めてくださったことにまず感謝しています。僕がプロになる時から言ってますが、ミドル級で試合をするということは、僕が大変というより試合を組むことが大変。ここまで導いて下さった方に感謝しています。プロに来てもう8年になる。8年間追い求めていた舞台をこうやって用意していただけたことを光栄に思います。ベストを尽くします」

――ゴロフキンについて。

「本当に最強の選手。ミドル級史上でも最強。戦績は1敗1分けとありますが、僕の中では勝っていた試合だと思う。事実上、負けたことのない選手だと思っている。その選手を倒して僕が最強だと証明したい。まずは自分のベストを尽くします。あとの結果は神様のみが知っている。最高の状態にして最高の自分を見せます」

――ゴロフキンへの想いは。またいつ頃からターゲットにしていたか。

「世界タイトルを初めて獲った時に上にいるのはゴロフキン選手しかいないと思っていた。ずっと見ていた選手。こうやって拳を交えられるのが本当に楽しみです」

――ずっとトップ中のトップを目指してきた。

「こんな大きな試合をしてくださることに感謝して戦います。これは歴史の一部だと思う。ミドル級で統一戦は手前味噌ですが、今後もなかなか難しいこと。僕も歴史の一部でしかないと思うので、大成功を目指して今後のボクシング界、スポーツ界により寄与できるものがあればと思います。楽しみにしていてください」

――2014年にやったスパーリングの印象は。

「ゴロフキン選手の強さを実感した。ただ、自分が通用するとも感じた。世界の壁の高さを感じたと同時にやはり上りたいと思った。ようやくここまで来て、ゴロフキン選手と試合をするに相応しい立場になったと思う」

――注目度をどう受け止めている。

「2年間試合をしていなかったので、注目されることがどういうものか忘れている。僕個人が注目されるのは、はっきり言って興味がない。僕を通してスポーツ界に注目がいって活気づくのが嬉しい。自分が目立つのは本当にもういいというか、僕を通して受けた恩恵を返していければいいなと思います」

――コロナ禍でどんな収穫と試練があったか。

「2年間試合ができないのが試練といえば試練ですが、そんなに悪い時期じゃなかった。もちろん亡くなられた方、医療従事者の方もいる。悪い時期じゃなかったというと言葉尻を取られますが、そういう意味じゃないことを踏まえていうと、外に出られない、誰かに会うことはできないけど、逆に内側に向き合えたと思います。自分はどういう人間なのだろうかと。個人としてはこの2年間をそこまでネガティブに捉えていない。何かを得たかというと得ていない。失うことを得た。思い通りにならないことなど失うことを得たと思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集