[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • “元天才少女”ミシェル・ウィーが4年ぶりの復活V! 「人生最高のパット」と歓喜

“元天才少女”ミシェル・ウィーが4年ぶりの復活V! 「人生最高のパット」と歓喜

米女子ゴルフのHSBCチャンピオンズ(シンガポール・セントーサGC)は4日、最終日を行い、首位と5打差の5位から出たミシェル・ウィー(米国)がボギーなしの7バーディーで65をマーク。通算17アンダーとして、逆転優勝した。ウィーの優勝は2014年の全米女子オープン以来、4年ぶりだ。

2014年の全米女子オープン以来、4年ぶりの優勝を決めたミシェル・ウィー【写真:Getty Images】
2014年の全米女子オープン以来、4年ぶりの優勝を決めたミシェル・ウィー【写真:Getty Images】

ミシェル・ウィーが5打差を逆転 最終ホールで花道からのロングパットねじ込む

 米女子ゴルフのHSBCチャンピオンズ(シンガポール・セントーサGC)は4日、最終日を行い、首位と5打差の5位から出たミシェル・ウィー(米国)がボギーなしの7バーディーで65をマーク。通算17アンダーとして、逆転優勝した。ウィーの優勝は2014年の全米女子オープン以来、4年ぶりだ。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 かつて“天才少女”と呼ばれたウィーが、高らかに復活ののろしをあげた。7つのバーディーを重ね、5打差をひっくり返す大逆転V。LPGA公式ツイッターでは最終18番ホールで、力強いガッツポーズを2度にわたって繰り出すウィーの姿を紹介している。

 4年分の思いが込められた、まさに魂のガッツポーズだ。ウィーは185センチの長身を折り曲げてのバーディーバット。花道から10メートル以上はあったが、これを見事にねじ込んで、優勝を決定づけた。

 その瞬間、右拳を握り締めガッツポーズを繰り出し咆哮すると、それをもう一度繰り返した。2位タイに4人が並ぶ大混戦。外していればプレーオフになっていた可能性が高いだけに、しびれるパットだった。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー