[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

床銀メダルの21歳南一輝「攻めた演技できた」 初の世界体操に充実感「やり切った」

体操の世界選手権は23日、福岡・北九州市立総合体育館で種目別決勝が行われ、21歳の南一輝(仙台大4年)が床運動14.766点で銀メダルとなった。東京五輪は出られなかった床運動のスペシャリストは、世界体操初出場。24歳の萱和磨(セントラルスポーツ)は同14.533点で6位だった。ニコラ・バルトリーニ(イタリア)が14.800点で金メダル、エミル・ソラブオ(フィンランド)が14.700点で銅メダルだった。

銀メダルを獲得し、五輪代表落ちの雪辱を果たした南一輝【写真:Getty Images】
銀メダルを獲得し、五輪代表落ちの雪辱を果たした南一輝【写真:Getty Images】

世界体操

 体操の世界選手権は23日、福岡・北九州市立総合体育館で種目別決勝が行われ、21歳の南一輝(仙台大4年)が床運動14.766点で銀メダルとなった。東京五輪は出られなかった床運動のスペシャリストは、世界体操初出場。24歳の萱和磨(セントラルスポーツ)は同14.533点で6位だった。ニコラ・バルトリーニ(イタリア)が14.800点で金メダル、エミル・ソラブオ(フィンランド)が14.700点で銅メダルだった。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 南は捻り技を披露し、最後の着地も決めた。両手を広げて安堵した表情。客席に手を振って一礼すると、労いの拍手が送られた。優勝したバルトリーニに0.034点差で敗れたが、世界の舞台で健闘した。

 会見では「ちょっと悔しい気持ちもあるけど、攻めた演技をしようと思ってできた。やり切ったと思う」と喜びを表現。「体の反応が良すぎて動きすぎた。でもビビった演技よりいい。新しい経験になった」と語った。

「出たことがまず経験になる。これからに生かしていきたい。来年の世界選手権のメンバーに選ばれるように一から作り直して頑張っていきたいですね。誰にも負けない選手、一番輝ける選手になりたいと思います」

 2019年から全日本種目別選手権で床運動3連覇。脚の故障が影響し、東京五輪代表にはなれなかった。今回は初の代表入り。20日の予選は床運動14.966点の3位で通過していた。開催地の北九州市に近い山口出身。家族ら知人が応援に駆け付け「着地で少し動いたけど、楽しくできた。応援してもらえたことに感謝しています。この会場で競技をしたことはないけど、何回か来たことはあったので、雰囲気は違うなって感じました」と世界大会の空気を味わった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集