[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

内村航平、五輪落下の悪夢払拭 意見が違ったコーチに感謝「トラウマは拭えない」

体操の世界選手権は20日、福岡・北九州市立総合体育館で第3日が行われ、日本男子が予選に登場した。内村航平(ジョイカル)は種目別鉄棒14.300の暫定3位。今大会は個人種目のみで争われ、男子予選はこの日午後8時50分まで実施される。22日に個人総合男子決勝、23、24日に種目別決勝が行われる。

世界体操・種目別鉄棒で暫定3位の内村航平【写真:Getty Images】
世界体操・種目別鉄棒で暫定3位の内村航平【写真:Getty Images】

世界体操第3日

 体操の世界選手権は20日、福岡・北九州市立総合体育館で第3日が行われ、日本男子が予選に登場した。内村航平(ジョイカル)は種目別鉄棒14.300の暫定3位。今大会は個人種目のみで争われ、男子予選はこの日午後8時50分まで実施される。22日に個人総合男子決勝、23、24日に種目別決勝が行われる。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 内村は最後までやり切ることに重点を置いた。H難度の離れ技「ブレトシュナイダー」を成功。しかし、直後に肘が曲がった。カッシーナ、コールマンなど高難度の技に次々と成功。着地も大きなミスなく決めたが「良かった部分は正直一個もない。離れ技も近かったし、アドラー系も倒立が外れた」と満足とは程遠かった。

 32歳。両肩痛など満身創痍の状態が続き、20年から鉄棒に専念した。東京五輪はまさかの落下で予選落ち。4大会連続で出場した大舞台で、最も不本意な結果に終わった。五輪から88日後に行われた生まれ故郷・北九州での戦い。今回は五輪で落下した捻り技を回避した。自信がなかったわけではないようだが、決断の裏には佐藤コーチの助言があった。

「自分は抜く必要はないと思ったけど、(佐藤コーチが)抜いた方がいいと。これだけ修正しても演技のトラウマは拭えない。『1回ちゃんと抜いて、予選通過することを大事にした方がいい』と言われた。大きな舞台で何が起こるかわからないので。現地に入る直前に言われました」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集