[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フューリー、宿敵をグロッキーにした“決着の右”に米戦慄「レンガが崩れ落ちるよう」

ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われ、王者タイソン・フューリー(英国)が前王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に11回KO勝ちし、初防衛に成功した。計5度のダウンが生まれた死闘。米メディアが決着のKOシーンの動画を公開すると、米ファンから「レンガが崩れ落ちるよう」と興奮交じりの声が上がっている。

タイソン・フューリーは11回KOでデオンテイ・ワイルダーを下し、初防衛に成功した【写真:AP】
タイソン・フューリーは11回KOでデオンテイ・ワイルダーを下し、初防衛に成功した【写真:AP】

計5度ダウンの応酬、フューリーが放った最後の一撃も凄い

 ボクシングのWBC世界ヘビー級タイトルマッチ12回戦が9日(日本時間10日)、米ラスベガスで行われ、王者タイソン・フューリー(英国)が前王者デオンテイ・ワイルダー(米国)に11回KO勝ちし、初防衛に成功した。計5度のダウンが生まれた死闘。米メディアが決着のKOシーンの動画を公開すると、米ファンから「レンガが崩れ落ちるよう」と興奮交じりの声が上がっている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 凄まじい試合を見せた。ともに2度ずつダウンを喫して迎えた11回。フューリーは朦朧とするワイルダーをロープ際に追い詰めた。ガードも困難なほど疲れ切った相手に右フックをお見舞い。グロッキー状態のワイルダーはロープにもたれ、力なく崩れ落ちた。11回KOで決着だ。

 戦慄の走るKOシーンの動画を公開した米メディア「バーストゥール・スポーツ」の格闘技専門ツイッター「スピニンバックフィスト」は、文面に「エグい」とつづって投稿。身長206センチのフューリーに対し、ワイルダーは201センチ。怪物同士の激突に、米ファンからは「レンガが崩れ落ちるよう」「凄い」「フューリーはアンリアル」「痛い!」「残酷」と熱狂した様子のコメントが寄せられている。

 初対戦の2018年は引き分け。昨年2月の第2戦はフューリーが7回TKO勝ちを収めた。今回は1年8か月ぶりのダイレクトリマッチもフューリーに軍配。両者のダウンが計5度の死闘を制した。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集