[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本は史上最多メダル13個 ノルウェーが1位の計39個 全競技終了メダル確定

日本は史上最多メダル13個 ノルウェーが1位の計39個 全競技終了メダル確定

平昌五輪は25日、最終種目となるクロスカントリースキー女子30キロクラシカルを行い、日本の石田正子(JR北海道)は10位だった。優勝はマリット・ビョルゲン(ノルウェー)。今大会5種目目のメダルで、自身通算15個目となった。午後8時からは閉会式が行われる。

石田正子【写真:Getty Images】
石田正子【写真:Getty Images】

今大会最後の種目が終了し、4度目五輪の石田正子は10位

 平昌五輪は25日、最終種目となるクロスカントリースキー女子30キロクラシカルを行い、日本の石田正子(JR北海道)は10位だった。優勝はマリット・ビョルゲン(ノルウェー)。今大会5種目目のメダルで、自身通算15個目となった。午後8時からは閉会式が行われる。

【特集】「本当に応援したくなるような戦いを――」闘将が日本代表に伝えたいメッセージ / サッカー 田中マルクス闘莉王選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本は今大会で金メダル4個を含む13個のメダルを獲得。これは1998年の長野五輪の10個を超えて、冬季五輪史上最多のメダル数となった。

 開催国・韓国は、最終日にカーリング女子、ボブスレー男子4人乗りの2種目で銀メダルを獲得。合計では金メダル5個を含む17個のメダルを手にした。

 前日(24日)まで、ドイツとノルウェーが13個で並んでいた金メダル獲得数は、両国が共に1個ずつ加え14個でフィニッシュ。ノルウェーの合計メダル獲得数39は冬季史上最多となった。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー