[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、新五輪女王ザギトワが「ユヅルは私のレジェンドです」と語った理由

羽生結弦、新五輪女王ザギトワが「ユヅルは私のレジェンドです」と語った理由

平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。弱冠15歳9か月にして果たした五輪制覇。一躍、世界を席巻した天才少女は男子シングルで66年ぶり連覇を果たした羽生結弦(ANA)と手本にしていたという。米国のジャッキー・ウォン記者がツイッターで伝えている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

五輪制覇した15歳が「お手本」に挙げた羽生の存在「多くの尊敬を集めている」

 平昌五輪は23日、フィギュアスケートの女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の15歳アリーナ・ザギトワ(OAR)が世界歴代2位の合計239.57点で金メダルを獲得した。弱冠15歳9か月にして果たした五輪制覇。一躍、世界を席巻した天才少女は男子シングルで66年ぶり連覇を果たした羽生結弦(ANA)と手本にしていたという。米国のジャッキー・ウォン記者がツイッターで伝えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本でいえば、中学3年生。2002年生まれの15歳が、五輪女王に輝いた。

 トレードマークの赤いチュチュをまとい、華麗に銀盤を舞ったザギトワ。後半に固めたジャンプを大きなミスなく着氷し、滑り終えると、右手で会心のガッツポーズを繰り出した。得点は156.65点。最終滑走となった同門の先輩、世界女王エフゲニア・メドベージェワ(OAR)も届かず、金メダルが決まると笑みをこぼした後、目元を押さえた。感激の優勝だった。

 ザギトワは今季、シニアデビューした15歳。GPシリーズ、ファイナル、ロシア選手権を含め、全勝街道をひた走り、欧州選手権では同門の先輩、世界女王メドベージェワに2年ぶりに土をつけ、初の五輪に臨んでいた。ジュニア時代から世界選手権を制するなど、注目を浴びていたが、9月のシニアデビューから半年で五輪女王にまで上り詰めた。

 そんな15歳の天才少女にとって、手本となる存在がいたという。ウォン記者はザギトワがこう語ったことを紹介している。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー